調理の分類と種類【食品に応じた一般的な方法】

スポンサーリンク


【調理方法と分類】

今回は調理の種類と方法をご紹介したいと思いますので、料理作りの参考にされてはいかがでしょうか。

調理の分類と種類

調理の意味とは

材料に操作を加えて食べられる状態(食物)に仕上げる作業全般のことで、さらに広い意味の言葉に「料理」があります。

食物に仕上げる操作とは

有害成分や不要物を取りのぞいて衛生上の危険を防ぎ、消化吸収を良くして食べやすくする動作や、食欲が増すように風味や外観をととのえて、貯蔵性を高める工程などがあります。

物理的な調理操作

○ 洗う。

○ 切る。

○ こす。

○ ちぎる。

○ まぜる。

○ おろす。

○ 凍結する。

○ 圧搾する。等があります。

■ 圧搾(あっさく)には、圧力を加えてしぼることや物質の密度を高める動作などが含まれます。

加熱の調理操作

【湿熱調理】

煮る、蒸す、ゆでるなど。

【乾熱調理】

焼く、いる、揚げる、炒めるなど。

「調」と「理」が持つ意味

調理の語意(言葉の意味)

調には「ととのえる」、理には「おさめる」という意味があり、この2つをあわせて「ととのえおさめる」ことを表しています。

※調理時の注意点

食品単独で完全な栄養素を含むものは少ないですから、数種類を組み合わせてください。

また、失われやすいビタミン、ミネラル類は損失を防いで栄養効果を高めるなど、それぞれの食品が持つ特性に応じた調理法を行ってください。

【関連】

料理の本来の意味とは

【料理の意味】今回は料理の本来の意味と、現在使われている主な言葉をご紹介したいと思いますので、和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。【語意】≫料理という言葉には「はかりおさめる」という意味があります。本来の言葉の意味とは≫【関連】調理の意味とは

茶懐石料理とは

茶懐石料理の由来、献立名と順番

会席料理と懐石料理の違いとは

2つのかいせき料理の特徴と相違点

懐石と会席【2つのかいせきの違いとは】今回は懐石料理と会席料理の違いをご紹介したいと思いますので、和食調理や料理雑学の参考にされてはいかがでしょうか。

日本料理の献立の意味一覧

【和食の雑学、豆知識】今回は日本料理で使う「献立」の意味を整理いたしましたので、和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。■各献立に移動いたします。※本文中の献立名には送り仮名をつけておりますが、実際には漢字のみで表すことが多いです。

献立別の料理用語集まとめを見る

他の料理用語につきましては≫「料理の雑学、豆知識一覧」に掲載しておりますので参考にされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報