海老と筍(たけのこ)を使った包み蒸しの作り方

今回は海老のたたき身で下味をつけた筍を包んだ「蒸し物の作り方」をご紹介したいと思います。

■ 包み蒸しは蒸し物の他にも「椀物」や「煮物」に使用できますので、春の献立の参考にされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

春の食材と献立【海老と筍の包み蒸しの作り方手順】

筍を煮て下味をつける工程

【1】最初に、先を切り落とした筍を鍋に入れ、筍の高さの2倍まで水をそそいでください。

そして、米ぬかとたかの爪を加えて、やわらかくなるまでゆでてください。

■ 下ゆでの詳しい内容につきましては≫「筍の下ゆで方法とアク抜きのコツ」に掲載しております。

【2】次に、筍をだし、みりん、うす口醤油の煮汁で約30分間煮て、自然に冷ましながら下味をつけてください。

※ 筍料理を作るときに下味をつけずにゆでたものをそのまま使うと、不快な口あたりやアクを強く感じる原因になりますので、煮物以外の献立を作る場合も煮汁で味をつけてから次の調理を行ってください。

たけのこ料理の基本手順

旨味を加えて煮る下味のつけ方を見る

筍に限らず、煮物調理は冷ますことで味が中まで染み込みます。

海老の下処理工程

【3】殻と背わたを取り除いた海老の身を、包丁で歯ごたえが少し残る程度にたたいてください。

刃たたき海老の手順,えびのすり身の作り方

筍を海老で包む工程

【4】海老の身をラップフィルムに丸く広げて「さいの目切り」の筍をのせ、まんじゅうのように包んでください。

■ このとき、盛りつけに使わなくなった器を利用すると作業が効率よく進みます。

えびたけのこまんじゅうの作り方,筍を海老の身で包む工程

蒸す工程

【5】まんじゅう型にととのえた筍包みを蒸し器に入れ、海老に火を通すと完成です。

えびたけのこまんじゅうの作り方,ラップで包んで蒸す工程

このあと、くずあんをかけて蒸し物にしたり、椀物として使えますので参考にされてはいかがでしょうか。

【重要】蒸し器の蓋を取るさいは高温の蒸気が一気にふき出して大変危険ですから、ヤケドをしないように十分注意してください。

【関連】

春の献立一覧へ

筍料理一覧

今回は筍に関連した料理内容を集めましたので、春の献立作成や和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。春の献立【筍に関連した料理内容一覧】■各料理内容に移動いたします。
【春の食材と献立、筍(たけのこ)料理】今回は筍で海老を挟んだ揚げ物の作り方をご紹介したいと思いますので、春の献立作成や和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。【参考】筍に関連した料理内容一覧
【春の食材と献立、筍(たけのこ)料理】今回は、たたき木の芽を加えた衣で筍を揚げる「木の芽揚げの作り方」をご紹介したいと思いますので、春の献立作成や和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。【参考】筍に関連した料理内容一覧

春の料理関連一覧へ

木の芽塩の作り方を見る

和食の揚げ物用つけ塩【抹茶塩の簡単な割合と作り方】今回は揚げ物のつけ塩として添える「抹茶塩(まっちゃじお)」をご紹介したいと思いますので、料理作りの参考にされてはいかがでしょうか。

レモンの飾り切り一覧を見る

野菜の詳しい飾り切り方法一覧【266+30種】今回は和食でよく使う野菜の切り方や簡単な細工切り、飾り切りのコツをまとめましたので煮物、揚げ物、刺身の姿造りなど、盛りつけ飾りや季節演出の参考にされてはいかがでしょうか。

蒸し物関連の料理用語一覧

今回は海老と筍の包み蒸しをご紹介いたしました。

他のレシピにつきましては≫「本サイトの料理内容一覧」に掲載しておりますのでお役立ていただければ幸いです。

次回は違うメニューでお目にかかりたいと思います。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク