ふぐの皮(てっぴ)を切りやすくする方法【細く切るコツ】

スポンサーリンク



冬の食材「河豚(ふぐ)」

今回は、湯引きしたふぐの皮(てっぴ)を細く切る簡単な方法をご紹介したいと思いますので、ふぐ刺し(てっさ)や小鉢料理など、冬の献立にお役立てください。

冬の食材、ふぐ料理

湯引きした皮を細く切るコツ

※ ふぐの皮には、細かいとげがついていますので、ゆでる前に包丁で取りのぞいてください。

そして、皮の内側にある「≫遠江(とおとうみ)」と呼ばれる部分を、包丁の刃でこすりはがして、別々にさっとゆでてください。

■ とおとうみは、まな板に皮を裏返して広げ、尾の端側に皮1枚を残した状態でうすく切れ目を入れて、上から刃で押さえながら横向きにこすると簡単にはがれます。

「ふぐ皮の下処理方法」

【1】下ゆでしたふぐの皮を約5㎝幅に切り分けてください。

■ 皮はゆでると丸まりますので、切りやすくするために、この幅に切っております。

【2】次に、皮をラップフィルムで挟んでしっかりと押さえ、空気をぬいて平らな状態にしてください。

【3】そして、バットのふたなどにおいて、平らな状態のまま冷凍庫でこおらせてください。

【4】このあと、切る分だけを冷凍庫から順番に取り出し、出刃包丁で押し切りすると、細く仕上げられます。

※ 皮はうすいので、すぐに溶けてやわらかくなりますから、少しずつ取り出してください。

ふぐ皮はゼラチン質が多くて弾力があるため、こおらせてもやわらかくなりませんので、細く切るときの参考にしてください。

注:内臓のついているふぐを調理する場合は、都道府県の条例で定められた資格(ふぐ処理師免許)が必要です。

そして、安全のために包丁やまな板なども「ふぐ専用の道具」を用意してください。

【関連】

⇒「ふぐの皮、遠江(とおとうみ)の語源

ふぐの皮【遠江(とおとうみ)の語源】和食の料理用語集
遠江(とおとうみ)の語源とは、ふぐの身皮(みかわ)に接する部分ということから、愛知県東部の三河(みかわ)の隣なら、静岡県西部の遠江(とおとうみ)だろうというしゃれでつけられた名称です。

刺身の盛りつけに役立つ野菜の飾り切り方法とコツ一覧
「刺身の盛りつけに役立つ飾り切り手順」今回は、これまでにご紹介しております「野菜の飾り切り」から、刺身によく使う切り方を集めましたので、料理の盛りつけや和食調理にお役立てください。

【参考】

⇒「冬の食材一覧表

⇒「ふぐ会席料理の献立

⇒「日本料理、冬の献立一覧

■ 鍋だし、煮汁、合わせ酢、つけ塩などの割合につきましては⇒「和食の調味料 割合と配合一覧」に掲載しておりますのでお役立てください。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク