いちじくと焼きかますの利久あんかけの作り方【秋の蒸し物お献立】

 
■ 当サイトをご覧の方々並びに全国の皆様におかれましては、お身体に十分注意していただきたく存じます。
 

【いちじくと焼きかますの蒸し物】

今回は、いちじくと焼きかますを使った蒸し物をご紹介したいと思いますので、和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。

蒸し物の献立

いちじくとかますの利久あん

■ 利久とは、ごまを使った料理につける名称で、今回はくずあんに練りごまを加えます。

「作り方手順」

【1】最初に、骨を取りのぞいた干しかますを焼いてください。

【2】次に、皮をむいたいちじくを縦半分に切り分け、くずあんの調味だしを作ってください。

「調味だしの割合」

だし 300㏄(15)
みりん  20㏄ (1)
うす口醤油  20㏄ (1)
練りごま 大さじ2杯

(カッコ)内の数字は、だしと調味料の比率です。そして、たくさんの量を作る場合は、だし150㏄に対して練りごまを大さじ1杯入れてください。

【3】このあと、いちじくの大きさに合わせて焼いたかますを切り、蒸し鉢に入れてください。

【4】そして、切り口を下に向けたいちじくをかますにのせ、強火の蒸し器で5分間、温めてください。

【5】いちじくを蒸している間に調味だしをひと煮立ちさせ、水溶きのくず粉でとろみをつけてください。

【6】最後に、蒸したいちじくに利久あんをかけ、香りのわさびを添えると完成です。

いちじくと焼きかますの蒸し物,秋の献立

あんかけ料理の大きな利点3つと

【蒸し物にあんかけが多い理由】

今回は、いちじくに関連した料理内容をご紹介したいと思いますので、秋の献立作成や和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。【関連】夏の食材50音順一覧表■秋の食材50音順一覧表へ

【関連】

今回は、いちじくの皮を焼いてむく手順をご紹介したいと思いますので、煮物調理や蒸し物の参考にされてはいかがでしょうか。

蒸し物の献立一覧を見る

秋の食材50音順一覧表へ

和食の調味料割合と配合一覧へ

今回は秋の蒸し物をご紹介いたしました。

他の和え物につきましては≫「蒸し物レシピ関連一覧」に掲載しておりますので参考にされてはいかがでしょうか。