烏賊鍋(いかなべ)の意味とは【和食の料理用語集】

料理の語源、意味、由来

スポンサーリンク

和食の料理用語集

烏賊鍋(いかなべ)とは

いかを主材料にした鍋料理のことです。

作り方の一例は豆腐や湯葉、三つ葉、ねぎ、せりなどの野菜類とともに、だしに醤油やみりんを合わせた「割り下」で煮ます。

そして、いかがかたくならないようサッと煮あげてください。

【関連】

料理用語の割り下とは

味の引き立て役、薬味一覧表

和食の調味料割合と配合一覧

今回は鍋物を作るときの煮汁をまとめましたので、冬の献立や鍋料理の参考にされてはいかがでしょうか。煮汁の割合、割り下の配合【鍋物の煮汁】調味料割合一覧■各割合に移動いたします。

献立別の料理用語集一覧へ

料理の雑学、豆知識一覧を見る

【あ段~わ段】

【あ】 【か】 【さ】 【た】 【な】

【は】 【ま】 【や】 【ら】 【わ】

料理用語集 50音順検索一覧

【項目別一覧表】

■ 下記の一覧表からは各カテゴリーに移動いたします。

閲覧数が多い記事一覧

他の料理内容やレシピ等につきましては≫「本サイトの料理内容一覧」に掲載しておりますのでお役立ていただければ幸いです。

次回は違うメニューでお目にかかりたいと思います。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク