鍋料理や煮物で使う 割り下とは【和食の雑学、料理用語集】

「料理を作るときの割り下の意味」

スポンサーリンク

和食の料理用語集

割り下(わりした)とは

【割り下地】の略称で、鍋料理や煮物を作るときに使う味をととのえた煮汁(だし)のことです。

そして、作り方は主に、だしと醤油、みりん、味噌、酒などの調味料を合わせますが、濃い味加減のものを「濃い割り下」と呼び、薄めに作ったものを「薄割り下」といいます。

また、そばやうどんのだしを作るときに、だしに加える合わせ調味料を「割り下」ということも多いです。

【関連】

■ 調味料割合につきましては≫「和食の調味料割合と配合一覧」に掲載しておりますので参考にされてはいかがでしょうか。

≫鍋物【関連レシピを見る

料理の用途別、調味料割合一覧表

今回は本サイトの調味料割合を料理別にまとめましたのでお役立てください。■各割合を元にして必要なものを書きとめておくと、調理場で開ける自分だけの配合手帳が作れますので参考にされてはいかがでしょうか。

和食の献立、料理用語集

向付け【刺身の手法】切り方の一覧

煮物の名称、語源、由来、豆知識一覧

焼き物、和食の串打ち手法と意味一覧

揚げ物名称、語源、由来、豆知識一覧

料理の雑学一覧へ

料理用語50音順検索

【参考】

和食の野菜飾り切り一覧

野菜の飾り切り方法一覧【料理作りに必要な詳しい切り方手順とコツ281+30種】本記事では、よく使う野菜の切り方や簡単な飾り切り方法、細工切り等を集めましたので季節演出や盛りつけ飾りの参考にされてはいかがでしょうか。※包丁には十分注意して「ケガ」をしないように仕上げてください。

献立四季報、鍋料理の献立一覧

和食調理にお役立てください。次回は違うメニューでお目にかかりたいと思います。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク