薺とは(なずな)の意味【和食の雑学,料理用語集】

春の七草、薺「なずな」

スポンサーリンク

和食の料理用語集

薺「なずな」とは

あぶらな科の2年草で、別名を「ぺんぺん草、しゃみせん草」といい春の七草のひとつです。

この「しゃみせん草」は果実が三味線のバチに似ていることに由来した呼び名です。

なずなの若芽は、お浸しや和え物にむいており、根の部分は煮て食べることが多いです。

春の七草、7種類の特徴とは

1月7日の七草がゆを食べる理由!

【参考】

1月15日の小豆がゆを食べる理由!

⇒「和食の名称、献立用語集

向付け【刺身の手法】切り方の一覧

煮物の名称、語源、由来、豆知識一覧

焼き物、和食の串打ち手法と意味一覧

揚げ物名称、語源、由来、豆知識一覧

≫「料理の雑学一覧」へ

【あ段~わ段】

」 「」 「」 「」 「

」 「」 「」 「」 「

和食調理にお役立てください。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク