いわしの煮物を骨までやわらかく煮る簡単な下処理方法

 
■ 当サイトをご覧の方々並びに全国の皆様におかれましては、お身体に十分注意していただきたく存じます。
 

酢のカルシュウム分解作用

今回は、いわしの甘露煮(かんろに)を骨までやわらかく煮るための下処理方法をご紹介したいと思いますので、料理作りにお役立てください。

魚の煮物「鰯(いわし)

骨までやわらかく煮る下処理方法

【1】最初に、いわしを水洗いして、うろこと汚れを取ってください。

【2】次に、いわしを鍋に並べ入れてください。

【3】そして、水3に対して酢を1加えた「酢水」を鍋に入れてください。

【4】このあと、落としぶたをした状態で6時間、アクを取りながらコトコトと煮ていただくと「下処理」の完了です。

「注意点」

■ いわしを煮る時間が短いと、骨までやわらかくなりませんので、最低6時間は煮てください。

また、魚が大きい場合は約10時間煮てください。

そして、骨までやわらかく煮たあと、短時間、水でさらして酒、醤油、みりん等で煮あげてください。

動画を視聴する
【家庭で作れる飲食店風いわしのつみれ鍋】節分の献立や煮物がわりにも使えます「紙鍋・小鍋」

【いわしの香梅煮の作り方】いわしの缶詰めを使った手抜き料理で飲食店風の梅風味煮に仕上げる方法

【参考】

いわしを骨までやわらかく煮る【香梅煮】

今回の手順は酢のカルシュウム分解作用を使った方法で、さんまの筒切りや小魚でも応用がききますので、参考にされてはいかがでしょうか。

【関連】

鰯/いわしの手開き方法とコツ

【詳しい手順と注意点を解説】

食材の下処理方法、関連記事一覧

煮魚の基本手順とコツ【万能比率】

調味料割合につきましては≫「和食の調味料割合と配合一覧」に掲載しておりますのでお役立てください。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。