ピーマンの飾り切り【木の葉】ひいらぎの簡単な作り方手順【節分飾りの切り方】

野菜飾りの切り方「ひいらぎ」ピーマンの飾り切り~木の葉の作り方手順

今回はピーマンを使った野菜の飾り切り方法をご紹介したいと思います。

この切り方は節分料理の演出に役立ち、包丁を使わずハサミで切ると5分で作れますので参考にしてください。

スポンサーリンク

野菜の飾り切り~切り方手順「ピーマンでひいらぎを作る方法」節分の料理演出

ひいらぎピーマンの切り方~作り方手順

ひいらぎピーマン、ぴーまん、柊

【1】

ピーマンを水洗いしたあと半分に切って種を取り除き、真ん中の飾り切りがしやすい部分を2つに切り分けてください。

ピーマン

↓↓↓

IMG_3011

【2】

次に、側面を調理用のハサミを使って丸みをつけながら両方切り落とし、ひいらぎの原形を木の葉形になるように作ってください。

ピーマン

↓↓↓

IMG_3013

↓↓↓

IMG_3014

【3】

そして、先のとがった部分から順番に葉のギザギザした模様を丸く切り込んでください。

IMG_3015

↓↓↓

IMG_3016

【4】

このあと、葉の模様を下まで同じように切り込んでください。

■ ピーマンに切り込みを入れる際は折れたり、割れたりしやすいので上下から丸く切るようにすると切りやすくなります。

どうしても割れてしまう場合は熱湯にサッと通すか、食塩水に短時間浸けておくと細工しやすくなります。

IMG_3017

↓↓↓

IMG_3018

↓↓↓

IMG_3019

↓↓↓

IMG_3020

【5】

そして、もう片方の側面も同じように切り込みを入れると「ひいらぎピーマン」の完成です。

ひいらぎピーマン、ぴーまん、柊

「ポイント」

ピーマンはポキポキと割れやすいですから、丸い切り込みをあまり深く入れない方が失敗が減って、逆に形良くきれいに仕上がります。

【ひいらぎの実物】

■ 下の写真がひいらぎの実物です。

ひいらぎ、柊、写真、実物

自然の葉は形が均等になっている訳ではなく、少々ゆがんだとしても、それが手作りの味わいですので、ある程度そろえるようにして、形にこだわり過ぎない方が良いと思います。

注:包丁には十分注意して手をけがしないように仕上げてください。

【木の葉を使った節分料理の盛りつけ例】

節分前菜1

【関連記事】

節分にちなんだ盛りつけと料理の方法

厚揚げで福豆を入れるますを作る方法

【節分の関連記事】

節分とは!

豆まきのいわれ~鰯を焼いて食べる理由

料理に盛りつける場合の方法

このピーマンを料理に使う場合は、生のままで酢の物や刺身の飾りつけに利用できるほか、苦みが気になる方は柔らかくなり過ぎないように塩を少量加えた熱湯にサッと通してから盛りつけると、緑色が鮮やかになって食べやすくなります。

また、煮物や吸い物に使われる場合は色よくゆでたあと、冷やしておいた吸い物だしに浸けておくと下味がつきますのでお役立てください。

「ピーマンの飾り切り関連記事」

ピーマンで松葉を作る方法~切り方手順

ピーマンの飾り切り「折れ松葉」の作り方

ぴーまん、ひいらぎ、まつ、松葉、柊、ピーマン

「冬の飾り切り」

梅人参の切り方  ◎雪輪大根の切り方

和食の飾り切り方法~関連

■⇒野菜の飾り切り一覧

○⇒和食の飾り切り~むきもの道具一覧

◎【次の切り方を見る⇒飾り切り一覧へ】

次回は違う飾り切りでお目にかかりたいと思います。

最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク