たけのこを木の芽の香りでいただく【寿司の作り方手順】

スポンサーリンク


筍、木の芽寿司(たけのこ、きのめずし)

今回は、筍を桜型に切り抜いて春を演出する「木の芽寿司の作り方」をご紹介したいと思いますので、ご飯物の献立やお凌ぎの参考にされてはいかがでしょうか。

春の料理演出方法

筍の木の芽寿司「作り方手順」

【1】最初に、筍の丸い部分を切り落とし、吸い物だしで煮含めて下味をつけてください。

【2】次に、水気を切った筍を桜の型で抜き取ってください。

【3】そして、盛りつけたときの裏側(見えないほう)に、食べやすくするためのかくし包丁を4か所入れてください。

■ 深さは厚みの1/2ていどで大丈夫です。

【4】このあと、木の芽を包丁でたたいて、寿司飯とまぜてください。

【5】最後に、木の芽のはいった寿司飯を内側につめると完成です。

「盛りつけ例」

【関連】

筍の切り出し手順

旨味を加える【かつおぶたの作り方手順】

飾り切り100選、切り方とコツ一覧

野菜の詳しい飾り切り方法一覧218種+30今回は和食でよく使う野菜の切り方や簡単な細工切り、飾り切りのコツをまとめましたので煮物、揚げ物、刺身の姿造りなど、盛りつけ飾りや季節演出の参考にされてはいかがでしょうか。

春料理の関連記事を見る

今回は筍の木の芽寿司をご紹介いたしました。

他の寿司関連につきましては≫「寿司の作り方一覧」に掲載しておりますのでお役立てください。

次回は違うメニューでお目にかかりたいと思います。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報