秋の蒸し物【秋鮭の舞茸巻き 丹波あんかけの作り方】

 
■ 当サイトをご覧の方々並びに全国の皆様におかれましては、お身体に十分注意していただきたく存じます。
 

【秋鮭の舞茸巻き 丹波あんかけ】

今回は鮭、舞茸、栗を使った秋の蒸し物をご紹介したいと思いますので、献立作成や和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。

秋の蒸し物レシピ

鮭の舞茸巻き 丹波あんかけ

■ 丹波とは、栗や黒豆を使った料理の名称です。

「作り方手順」

鮭で舞茸を巻く工程

【1】最初に、骨と皮を取りのぞいて切り身にした鮭にうす塩をあてて、30分間おいてください。

【2】次に、手で裂いた舞茸を鮭の皮側にのせ、束ねるように巻いてください。

そして、昆布を敷いたバットにのせてください。

秋鮭の舞茸巻き,焼き物,蒸し物の献立

■ 皮目を内側にして巻く理由は、色のきれいな身の方を表に出すためと、もうひとつは皮目が縮んで舞茸を自然にしめてくれるからです。

あんに加える栗を切る工程

【3】栗は2~3時間、水につけておき、やわらかくしてから皮をむいてください。

そして、1㎜の厚さに切ったあと、鮭と一緒に蒸せるよう準備してください。

【4】このあと、鮭巻きに酒を振りかけて、別容器に入れた栗と一緒に中火で約10分間蒸し、その間にくずあんを作ってください。

「くずあんの割合」

だし 200㏄
みりん 大さじ1杯
うす口醤油 大さじ1杯

■ 上記の煮汁をひと煮立ちさせて、水溶きのくず粉でとろみをつけてください。

【5】最後に、蒸し上がった鮭巻きを器に盛り替え、栗を加えたくずあんをかけると完成です。

秋鮭と舞茸の蒸し物,秋の献立

■ 青味野菜には三つ葉を使用して、おろしたしょうがをのせております。

丹波餡(たんばあん)の意味とは

注:蒸し器の蓋を取るさいは高温の蒸気が一気に出ますので、ヤケドには十分注意してください。

【重要】美味しく作ることは必要ですが、ヤケドやケガをしないように料理を楽しむほうが大事です!

【関連】

銀餡(ぎんあん)の意味

鼈甲餡(べっこうあん)の意味

秋の食材【鮭(さけ)】今回は鮭に関連した料理内容を集めましたので、秋の献立作成や和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。

あんかけ料理の大きな利点3つと

【蒸し物にあんかけが多い理由】

蒸し物の献立一覧へ

蒸し物の料理用語を見る

秋の食材50音順一覧表を見る

今回は秋鮭の蒸し物をご紹介いたしました。

他の料理内容につきましては≫「蒸し物レシピ関連一覧」に掲載しておりますので参考にされてはいかがでしょうか。