山芋、いくら、きゅうり【三色のあられ和えの作り方】

【霰(あられ)和え】

今回は3種類の材料を使ったあられ和えをご紹介したいと思いますので、和え物の献立や和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

和え物の献立

山芋、いくら、胡瓜のあられ和え

「作り方手順」

【1】最初に、鮭の卵巣(すじこ)の粒を、ぬるま湯で軽くもみながらはずして、醤油だれに1日つけてください。

醤油だれの割合につきましては≫「いくらの醤油漬けを作るときの調味料割合」に掲載しております。

【2】次に、山芋と胡瓜をいくらの大きさに合わせて、あられ切りにしてください。

霰切り(あられぎり)とは、材料を約0.5㎝角の小さな「さいの目状」に切る方法で、形が霰(あられ)に似ていることから、この名があります。

【3】そして、山芋と胡瓜を立塩に10分間つけてください。

立塩(たてじお)とは、水1000㏄に対して塩30gを加えた海水程度の食塩水のことです。【用途】魚介や野菜類に塩味をつけるときにひたしたり、海水産の魚、貝、甲殻類などの汚れやぬめりを洗い流す調理作業に使います。

【4】最後に、いくらをつぶさないよう、3種類を和えると完成です。

「盛りつけ例」

長芋といくらのあられ和え,きゅうり

【秋鮭の舞茸巻き】今回は鮭で舞茸を巻く焼き物レシピをご紹介したいと思いますので、秋の献立や和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。

秋の焼き物の作り方一覧へ

【関連】

和え物の献立一覧を見る

秋の食材50音順一覧表へ

和食の調味料割合と配合一覧へ

今回は秋の和え物をご紹介いたしました。

他の和え物につきましては≫「和え物レシピ関連一覧」に掲載しておりますので参考にされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク