秋の焼き物レシピ【秋鮭の舞茸巻きの作り方】

【秋鮭の舞茸巻き】

今回は鮭で舞茸を巻く焼き物レシピをご紹介したいと思いますので、秋の献立や和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

秋の焼き物レシピ

秋鮭の舞茸巻きの作り方

【1】最初に、骨を取りのぞいて切り分けた鮭にうす塩をあてて、30分間おいてください。

【2】次に、舞茸を手で細長く裂き、焼くときのかけだれを作ってください。

「調味料の割合」

100㏄
うす口醤油 10㏄

■ かけだれの比率は、酒10に対してうす口醤油が1です。

【3】このあと、舞茸を鮭の身で巻いて、金串をさしてください。

【4】そして、舞茸をこがさないように鮭巻きの両面を焼いてください。

【5】最後に、鮭巻きの両面に【2】のたれを3回ずつかけながら焼くと完成です。

※ 両端の舞茸がこげる場合は、鮭の切り身から出ないように巻いてください。

秋鮭の舞茸巻き,焼き物の献立

あしらいには焼き銀なんと長芋、いくら、胡瓜のあられ和えを添えております。

【山芋、いくら、きゅうりの霰(あられ)和え】今回は3種類の材料を使ったあられ和えをご紹介したいと思いますので、和え物の献立や和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。

あしらいの意味とは

【秋鮭の舞茸巻き 丹波あんかけ】今回は鮭、舞茸、栗を使った秋の蒸し物をご紹介したいと思いますので、献立作成や和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。■丹波とは、栗や黒豆を使った料理につける献立名です。

焼き物レシピ関連一覧へ

焼き物の献立一覧を見る

今回は秋鮭の焼き物をご紹介いたしました。

他の料理につきましては≫「本サイトの料理内容一覧」に掲載しておりますので参考にされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク