栗をくちなしの実で色付けして砂糖蜜で煮る甘露煮の作り方

【栗の甘露煮】

今回は、栗をくちなしの実で色付けしてから砂糖蜜(シロップ)で煮ふくめる甘露煮をご紹介したいと思いますので、秋の献立やおせち料理の参考にされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

栗の甘露煮の作り方

栗の下ゆでと色づけ手順

【1】最初に、栗の皮をむいてミョウバン水につけてください。

皮むきの詳しい内容につきましては≫「栗の皮むき方法とコツ」に掲載しております。

また、ミョウバン水につけずにゆでると、栗の所どころが茶色くなりますので注意してください。

そして、栗はゆでる前に水洗いしてください。

【2】次に、水1000㏄に対して2個のくちなしの実を割り、お茶の葉のパックに入れてください。

そして、鍋に水、栗、くちなしの実を入れて火にかけ、沸騰するまでは強火でゆでてください。

くりの甘露煮の作り方とくちなしを使った色付け方法,下ゆで手順

【3】このあと、弱火にして40~50分間かけて栗をやわらかくゆで、余分な色を抜くために1時間ていど水にさらしてください。

■ たくさんの栗を一度にゆでた場合は2時間ていどさらしてください。

栗を煮る工程

水と砂糖の割合

1000㏄
上白糖 500g

■ 甘味が強い場合は、上白糖の量を減らしてください。

「他の割合」

甘露煮のシロップ割合①

甘露煮のシロップ割合②

【4】鍋に栗と水を入れて火にかけ、砂糖を2~3回に分けて加えながら、紙蓋をして弱火で約20分間煮たあと冷ましてください。

砂糖の使い分けと理由5つ

■ 栗が大きい場合は約30分間煮てください。

【5】そして、再び火にかけて沸騰するまで煮ると完成です。

栗の甘露煮とくりの渋皮煮,秋の甘味の献立

■ いったん冷ましてから、再度火にかけると味が染み込みやすくなります。

栗の渋皮煮の作り方

【栗の渋皮煮】今回は、栗の渋い皮をつけたまま砂糖蜜(シロップ)で煮ふくめる「渋皮煮」をご紹介したいと思いますので、秋の献立やおせち料理の参考にされてはいかがでしょうか。

栗の渋皮煮を作るときの割合①

栗の渋皮煮を作るときの割合②

栗の渋皮煮を作るときの割合③

栗のいなか煮を作るときの割合

【関連】

秋の献立一覧を見る

正月の献立とおせち料理

秋の料理関連一覧を見る

今回は栗の甘露煮をご紹介いたしました。

秋に使える食材につきましては≫「秋の食材50音順一覧表」に掲載しておりますので参考にされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク