二身椎茸の作り方とコツ,すり身がはがれない付け方のポイント

二身椎茸(ふたみしいたけ)の作り方とコツ

今回は煮物や揚げ物に役立つ椎茸の細工【二身椎茸】をご紹介したいと思いますので、和食調理にお役立てください。

スポンサーリンク

和食の手法、椎茸細工

二身椎茸の作り方とコツ

【1】最初に、椎茸の軸を切り落としてください。

二身,椎茸,しいたけ

【2】次に、薄力粉をハケで薄くまぶしてください。

■ この薄力粉がすり身をつけたときにノリの役目をしてくれます。

二身,椎茸,しいたけ

【3】そして、魚のすり身をのせてください。

■ 初めにのせ過ぎると、広げづらくなりますので、足りないときは追加してください。

※ すり身は昆布だし、酒、塩、薄口醤油で味をととのえております。

二身,椎茸,しいたけ

【4】このあと、バターナイフやへらで薄くのばしてください。

二身,椎茸,しいたけ

すり身をつけるときのコツ

すり身をつけるときは、椎茸のかさの外側「みぞの部分」に、空どうができないよう、のばしてください。

二身椎茸,ポイント,しいたけ

■ 外側に向けて放射状にのばすと、簡単に入ります。

【5】そして、すり身を全体に広げると「二身椎茸」の完成です。

二身,椎茸,しいたけ,完成

このあと、煮たり、揚げたりしてください。

二身椎茸,しいたけ,煮物

■ ある程度の数を作るときは、すり身を上に向けて一度蒸しておくと、あとの調理が手早くできます。

※ すり身を下に向けると、蒸しあがりの形が平らになります。

また、穴あきバットにのせて蒸すと、穴の形が残りますので気をつけてください。

「二身椎茸の盛りつけ例」

■ 写真は八方だしでサッと火を通し、半日ていど味をなじませたものです。

二身椎茸,ふたみしいたけ,煮物

 ■⇒「結びみつばの作り方

※ 強火で加熱すると、すり身がふくれて椎茸からはがれますので注意してください。

今回の「二身椎茸」は海老のすり身や鶏ミンチなどでも作れます。

また、二身椎茸の煮汁割合につきましては「二身椎茸を煮るときの調味料割合、和食の配合」に掲載しておりますので参考にしてください。

【関連】⇒「椎茸の飾り切り手順とコツ」へ

菊花椎茸,しいたけ

【参考≫】料理を作るときの調味料割合一覧

⇒「煮物の割合、煮汁の配合一覧」へ

次回も料理作りにお役立ていただければ幸いです。

最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報