椎茸の飾り切り2つ【鍋,煮物,天ぷらに役立つ菊花椎茸の切り方】

和食の飾り切り、椎茸の切り方2つ

鍋料理や天ぷらに役立つ「菊花椎茸」

今回の飾り切りは、椎茸で多く使われる切り方をご紹介したいと思います。

そして、この切り方は鍋、天ぷら、煮物、蒸し物など、幅広く使えますので和食調理にお役立てください。

椎茸の飾り切り「菊花椎茸2つ」

○「菊花椎茸①」   ○「菊花椎茸②」

■椎茸の下に敷いてある笹の切り方につきましては「寿司や刺身に役立つ、笹の飾り切りとコツ」に掲載しております。

菊花椎茸の手順「基本の切り方」

「菊花椎茸の切り方①」

【1】まず、椎茸の石突きを切り取ってください。

そして、笠の内側の汚れや、ほこりなどを取り除いてください。

IMG_2657

【2】次に、椎茸の頂点が中心になるよう、包丁でV字の切り込みを入れてください。

■この切り込みを時計の数字盤に例えますと、6と12の方向になります。

IMG_2658

↓↓↓

IMG_2660

【3】このあと【2】と同ように、時計の針が4と10を指すよう切り込みを入れてください。

IMG_2661

↓↓↓

IMG_2667

【4】そして、最後に2と8を指すように3本目の切り込みを入れると「菊花椎茸」の完成です。

IMG_2668

菊花椎茸の切り方「応用編」

「菊花椎茸の切り方②」

【1】先ほど入れた6方向の模様にそって、2本の切り込みを入れてください。

IMG_2671

↓↓↓

IMG_2672

【2】次に、6つの模様の外側に切り込みを入れてください。

IMG_2674

【3】そして、【2】の中心に真っすぐ切り込みを入れると「菊花椎茸②」の完成です。

■ この切り込みは、最初に菊花椎茸①で入れた3本の筋の間に入れてください。

IMG_2676

そして、椎茸の中心に刃先を向けて切り落とすとバランスよく仕上がります。

↓↓↓

IMG_2690

今回の「菊花椎茸」は、盛りつけに効果がありますので参考にしてください。

天ぷらにされるときのコツ

椎茸や茄子を揚げる場合は、切り込みを入れた方が表になりますので、裏側だけに衣をつけると、見栄えがよくなります。

【天ぷら野菜の切り方関連】

天ぷらに役立つ茄子の飾り切りにつきましては「末広(扇)茄子の切り方2つ」に掲載しております。

注:包丁には十分注意して、手をけがしないように仕上げてください。

■⇒野菜の飾り切り一覧

○⇒和食の飾り切り~むきもの道具一覧

◎【次の切り方を見る⇒飾り切り一覧へ】

次回は違う飾り切りでお目にかかりたいと思います。

最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報

スポンサーリンク