ぶりの子供ではない秋田名物の鰤子(ぶりこ)とは【和食の料理用語集】

スポンサーリンク


「鰤子(ぶりこ)の意味」

和食の料理用語集

鰤子「ぶりこ」

ぶりことは、秋田近海で採れる「はたはたの卵」のことで、はたはたと同様に秋田県の名物として、生のまま醤油をかけたり、和え物や汁物として食べられています。

鰤子の由来(いわれ)

旧幕時代に、はたはたを保護するということから漁獲を禁じていたため、漁師や漁業者が「ぶりの卵」と偽って販売したので、この名があるとされます。

⇒「和食の名称、献立用語集

向付け【刺身の手法】切り方の一覧

煮物の名称、語源、由来、豆知識一覧

焼き物、和食の串打ち手法と意味一覧

揚げ物名称、語源、由来、豆知識一覧

≫「料理の雑学一覧」へ

【あ段~わ段】

」 「」 「」 「」 「

」 「」 「」 「」 「

【参考】飾り切り方法につきましては

■⇒「和食の野菜飾り切り一覧検索」に掲載しておりますのでお役立てください。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報