きんかんのシロップ漬け【作り方と砂糖みつの割合】

きんかんのシロップ漬け

作り方手順と割合

今回は、冬になると市場に出回る金柑(きんかん)のシロップ漬けをご紹介したいと思いますので、前菜の献立作成や水物の参考にされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

前菜や水物の献立に使える金柑のシロップ漬け【作り方と砂糖みつの割合】

砂糖みつを作る工程

【1】最初に、水500㏄に対して150gの砂糖を煮溶かしてください。

■ この分量で約30個の金柑が漬けられます。

金柑をさっと煮て漬ける工程

【2】次に、水洗いした金柑を砂糖みつに入れてください。

きんかんの蜜煮,冬の水物の献立金柑シロップ漬けの作り方手順,姫たちばな

【3】そして、シロップをひと煮立ちさせて火を止め、紙蓋をかぶせてください。

きんかんの蜜煮,冬の水物の献立金柑シロップ漬けの作り方,姫たちばな

■ 金柑は水に浮きますので紙蓋をかぶせておりますが、調理用の紙がない場合は落とし蓋でも大丈夫です。

仕上げの工程

【4】火を止めたあと、金柑をシロップにつけた状態で常温までさまし、冷蔵庫で味をなじませると完成です。

【盛りつけ例】

きんかんの蜜煮,冬の水物の献立金柑シロップ漬け,姫たちばな

【関連】

和食の献立【八寸】とは

【八寸】はっすんとは、8寸(約24㎝)四方の杉で作った低いふちのある盆のことをいい、この盆に盛りつけた料理も八寸と呼んでいます。茶懐石料理では一汁三菜から預け鉢や強肴(しいざかな)などの献立が続きます。そして、料理がひと段落したあとに亭主が酒の肴(さかな)として出す動物性と植物性の2~3品を八寸と呼んでおり、人数分を盛り込んで取り箸を添えた「取り回し」の形で出されます。

和食の献立【水物】とは

水物とは水分を多く含んでいる食品のことで、果物、かき氷、飲料などをいいます。そして、会席膳ではデザートに果物やシャーベットを多く使いますので、この名を用いています。【関連】他の献立につきましては「それぞれの意味一覧」に掲載しておりますので参考にされてはいかがでしょうか。
前菜、八寸物【関連レシピを見る】≫

今回はシロップ漬けをご紹介いたしました。

金柑は皮がやわらかくて甘味があり、そのままでも食べられますが、さらに加熱すると「みつ煮」が作れますので参考にされてはいかがでしょうか。

また、他のレシピにつきましては≫「本サイトの料理内容一覧」に掲載しておりますのでお役立ていただければ幸いです。

次回は違うメニューでお目にかかりたいと思います。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク