大分県の郷土料理や名物など一覧【和食の雑学、豆知識、料理用語集】

 
■ 当サイトをご覧の方々並びに全国の皆様におかれましては、お身体に十分注意していただきたく存じます。
 

料理の雑学、豆知識

和食の料理用語集【大分県の郷土料理と名物料理】

頭料理(あたまりょうり)

大分県竹田市の郷土料理で、クエ、アラ、ハタ、ニベなど大型の白身魚を使って、身と共に頭や内臓まで有効に利用します。

魚は各部分に切り分けて湯引きしたり蒸したり等、それぞれの部位にあった下処理をほどこし、大きさをととのえて大皿に盛り合わせます。

もみじおろしを薬味に添え、カボスを用いた合わせ酢で食べます。

味と風味の引き立て役、薬味一覧表

竹田市は山間の盆地で交通の便がよくないため、鮮魚を手に入れにくかったという地理的条件が背景となって生み出された料理です。

黄飯(おうはん)

クチナシの実で染めた黄色い汁で炊いた塩味の飯のことで、臼杵(うすき)地方のものが有名です。

昔、赤飯のかわりに炊いたものが始まりといわれ、大みそかの行事食に用いるほか、祝い膳につける飯としても作られます。

赤飯の炊き方手順

【炊飯器を使って美味しく作るコツ】

【追記】クチナシの実はくわい、くり、さつま芋などの色付けに使う鮮やかな黄色素を含んだ食材のことで、実をくだいてから用います。

くわいの飾り切り一覧

くちなしの実を使った

【さつま芋の色付け方法】

栗をくちなしの実で色付けして

砂糖蜜で煮る甘露煮の作り方と割合

御加役(おかやく)

豆腐を炒めてダイコン、ニンジン、ゴボウ、白焼きにした白身魚などを加えて煮込んだ具だくさんの汁物のことです。

たくさん作りおきして煮返すことによって味を出し、黄飯(おうはん)にかけて食べます。

きらずまめし

魚ときらず(おからのこと)を混ぜ合わせたものです。

ひと口大に切った鮪(まぐろ)や鰤(ぶり)などを醤油にひたしておきます。

そして、きらずに塩、醤油、酢、かぼすのしぼり汁などで味をつけ、醤油にひたしておいた魚の切り身と刻みねぎを混ぜ合わせると作れます。

鮑腸(ほうちょう)

コムギ粉をこねて作った団子(だんご)をアワビの腸に見立ててのばしたものです。

アワビがとれなかったときに代わりに作ったといわれ、薬味を入れたつけ汁で食べたり、汁に仕立てたりします。

やせうま

大分県の郷土菓子。

コムギ粉に塩少量を入れてこね、だんごに丸めてから2㎝のひも状にのばしてゆで、きな粉やアズキあんをまぶしたものです。

47都道府県別 郷土料理一覧表

【日本全国の名物料理まとめ】

郷土料理は各地方で独自に発展しているため、地域によって材料や作り方などが多少異なる場合があります。

【関連】

野菜の飾り切り方法100選

【基本手順と切り方のコツ一覧】

料理の雑学、豆知識一覧

頭の体操、食材漢字クイズ問題集

日本料理、会席・懐石案内所

【サイト内の料理内容一覧】

献立四季報「春夏秋冬」味暦

【サイト内の献立内容一覧】

煮物レシピと調味料の割合

【サイト内の料理内容一覧】

【参考】

献立別の料理用語集一覧

和食の焼き物手法

【串の打ち方と名称一覧】

覚えておきたい嫌い箸、忌み箸

【禁じ箸などの意味と種類一覧】

料理別のあわせ調味料割合と配ごう一覧