魚の味噌漬けを作る方法【焼き物の基本手順】

魚の味噌漬け(みそづけ)

今回は魚の味噌漬けを作るときの基本をご紹介したいと思いますので、焼き物の献立和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

焼き物の下処理方法

魚の味噌漬けの作り方手順

【1】最初に、白みそ、または粒の残った状態の白みそに、煮切り酒を少しずつ加えながら、扱いやすいかたさまでのばしてください。

■ 魚の種類により、甘味を加える場合は煮切りみりんも入れてください。

※ 味噌に酒、みりん等の水分を一度にたくさん入れると、のばしにくくなりますので注意してください。

【2】次に、ステンレス製、またはプラスチック製のバットに【1】の白味噌をうすくのばして、味噌がかくれるようにガーゼをかぶせてください。

【3】そして、骨を取りのぞき、うすく塩を振った魚の切り身をのせて、さらにガーゼをかぶせてください。

■ 魚は振り塩をして30分程度おいてからのせてください。

【4】このあと、ガーゼの上から【1】の味噌を再度のせ、まんべんなくのばし広げてサンドイッチ状にすると仕込みが完了です。

味噌≫ガーゼ≫魚≫ガーゼ≫味噌

■ この状態で2~3日ていど味噌をしみこませたあと、こがさないように焼いてください。

ぶり味噌漬け,鰤焼き物

「ぶりの焼きだれ割合」今回は鰤(ぶり)用の焼きだれをご紹介したいと思いますので、焼き物の献立や和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。

おせち料理に、ぶりを使う理由

寒ぶりの酒かす鍋の調味料割合

【関連】

焼きだれの割合一覧

焼き物の献立一覧を見る

今回は味噌漬けの手順をご紹介いたしました。

他の焼き物につきましては≫「焼き物レシピの関連一覧」に掲載しておりますので参考にされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク