野菜の飾り切り、むきもの【蝶々の詳しい切り方とコツ】春の料理演出

スポンサーリンク


蝶大根の飾り切り~切り方とコツ

野菜のむきもので、春を演出する方法

今回は刺身の盛りつけや、大皿盛りで役立つ蝶々の飾り切り手順をご紹介したいと思いますので、春会席料理の演出などにお役立てください。

大根の飾り切り【蝶々】を作る方法~日本料理のむきもの、飾り切り演出

蝶々大根の飾り切り~基本手順とコツ

IMG_1640

「蝶々大根の作り方」

【1】まず、大根を3㎝の厚みに切ってください。

IMG_1625

【2】次に、蝶々の原形を、下写真を参考にして作ってください。

【参考写真】

IMG_1626

【3】この後、切り込みを羽根の数か所に入れ、その切り込みに向かって1つずつ丸みをつけながら、形をととのえてください。

IMG_1627

【4】そして、羽根の方から胴体に向かって、切り落とす寸前まで包丁を入れてください。

この後、もう一度、同じ幅で刃を入れて大根を切り離し、蝶々の羽根が2枚になるようにしてください。

IMG_1634

【5】今度は、羽根を広げた間に入れ込んで 2枚に切った大根を開かせるための切り込みを入れてください。

IMG_1636

【6】そして、この切り込みを2枚の間に入れ込むと、羽根が開いて「蝶大根」が完成します。

IMG_1640

今回の【蝶大根】は、お刺身の飾りや大皿盛りなど、春会席の演出で役立つ飾り切りですので参考にしてください。

【蝶々の飾り切り関連】

○⇒人参で蝶々を切る方法とコツ

○⇒蝶々人参の切り方手順とコツ

注:包丁には十分注意して手をけがしないように仕上げてください。

■⇒野菜の飾り切り一覧

◎【次の切り方を見る⇒手順とコツ一覧へ】

次回は違う飾り切りでお目にかかりたいと思います。

最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報