先吸い(さきすい)の意味とは【和食の料理用語、豆知識集】

スポンサーリンク



日本料理の献立、先吸い「さきすい」

和食の料理用語集

先吸い「さきすい」とは

前菜のあとや向付けの前に出す椀物のことで、この椀で味加減や好みを把握して次の献立につなげる役割があり「先吸い物」ともいいます。

そして、椀盛りの構成は、主になる具を「椀種」添え物の野菜や海藻類などを「椀づま」香りの柚子や木の芽等を「吸い口」といい、この3種類は必ず入れて仕立てます。

また、昔は響膳(きょうぜん)で座付きに吸い物が出されていたことから、会席料理の一番最初に「座付き吸い」や「座付き吸い物」などの名をつけて出す場合もあります。

■ 響膳(きょうぜん)とは貴族社会に使われる酒宴の祝儀膳のことで、本膳から二の膳、三の膳と続きます。

【関連記事】

会席料理と懐石料理

2つのかいせき料理の相違点とは!

茶懐石料理とは!

茶懐石料理の由来、献立の名称と順番

和食の献立「それぞれの意味と特徴」

献立名の意味一覧⇒【先付け~甘味】

⇒「和食の名称、献立用語集

向付け【刺身の手法】切り方の一覧

煮物の名称、語源、由来、豆知識一覧

焼き物、和食の串打ち手法と意味一覧

揚げ物名称、語源、由来、豆知識一覧

≫「料理の雑学一覧」へ

【あ段~わ段】

」 「」 「」 「」 「

」 「」 「」 「」 「

和食調理にお役立てください。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク