茶碗蒸しのコツ【蒸すときの火加減と加熱時間の目安】卵液の温度の安定化

和食の蒸し料理【茶碗蒸し】

今回は茶碗蒸しを作るときに失敗しないよう中まで火を通すコツやポイントをご紹介したいと思いますので、蒸し物調理の参考にされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

茶碗蒸しを安定的に蒸しあげるコツ

蒸し器の蓋を開けるさい、高温の蒸気が吹き出ますので「ヤケド」には十分注意してください。

蒸し初めの火加減と加熱時間

【1】具材と卵液を入れた茶碗を蒸し器に移したあと、最初は強火で1分半~2分程度加熱してください。

そうすると、玉子液が固まりだして表面に薄く膜が張った状態になります。

茶碗には水蒸気が入らないようにする目的のキッチンペーパーや蓋をかぶせてください。■ このときにラップフィルムで密閉してしまうと蒸気が中に入らない為に加熱時間が長くなります。

最初に強火で蒸す理由

卵液が常温の場合と冷蔵庫に入っていたとき、または夏場と冬場の温度変化によって加熱時間が異なります。

したがいまして、最初の段階で茶碗の卵液の温度を調節する為です。

■ 蒸し初めの工程で表面に膜が張った状態まで蓋を開けて目で確認しておくと、そのあとの火加減と加熱時間が一定に保てて蒸し過ぎる失敗が減り、安定して蒸せるようになります。

火加減を弱めて火を通す調理工程

【2】卵液の表面を確認して蒸し器の蓋を再度閉めたあとは中火、または中火の弱火程度の火加減で7~8分間蒸してください。

そして、細い串を刺したときに中から玉子液が出てこなければ蒸し上がりです。

茶碗蒸し,蒸し物献立

器の大きさや中に入れた茶碗の個数に応じて蒸し時間を調節する必要がありますので注意してください。 器が大きい場合や蒸し器の一段に沢山の茶碗を入れて蒸す場合は火が通りづらい為に加熱時間がかかります。

茶碗蒸しは難しい料理と思われがちですが、コンロや蒸し器の状態、火加減などに慣れてくると、途中で確認しなくてもある程度の時間目安が作れます。

そして、最後の火の通り具合を確かめるまでの作業が安定して行えるようになりますので、諦めずに取り組んでいただきたいと思います。

【関連】

茶碗蒸しを作るときの簡単な比率

茶碗吸い物とは?

たまご料理の関連記事一覧

うずら玉子を使った細工料理の作り方一覧

だし巻きが半分に折れたときの対処法

金紙玉子と錦糸玉子の違いとは

【参考】

蒸し物レシピ関連

野菜の飾り切り方法【100選】

蒸し物の献立一覧

蒸し物用語集 50音順一覧

料理別の調味料割合と配合一覧

今回は茶碗蒸しを蒸すときのコツをご紹介いたしました。

他のレシピにつきましては≫「本サイトの料理内容一覧」に掲載しておりますので、お役立ていただければ幸いです。

次回は違うメニューでお目にかかりたいと思います。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク