だし巻きが半分に折れてしまったときの簡単な対処法

だし巻きが折れたときの「対処法」

今回は、だし巻きが折れたときの簡単なしゅうふく方法をご紹介したいと思いますので、和食調理にお役立てください。

スポンサーリンク

だし巻きの作り方とコツ

折れてしまったときの対処法

「箸では巻けなくなった場合」

【1】だし巻きを一旦、鍋からまきすに取ってください。

そして、焼き上がったときと同じように巻いて、そのままの状態で5分程度おいてください。

【2】このあと鍋にもどすと、玉子がかたくしまっているため、修ふくがしやすくなって割れにくくなります。

■ まきすに取っていますので、少し細長くなりますから、だし巻きの端の形がくずれないよう鍋にもどすときは軽く箸を添えてください。

今回の方法は、だしが流れ出るデメリットはありますが、たくさん作るときは巻き上がってから同じ工程をして締めます。

そして、巻いてすぐ食べるときとはちがい、あまり差が出ませんので参考にしてください。

※ 巻いてすぐ食べるときは、スムーズに巻けた玉子と比べると、わかるくらいのちがいは出てしまいます。

【関連】

⇒「だし巻きの玉子液、簡単な割合」へ

⇒「半熟玉子をきれいに切る簡単な方法

⇒「卵白のコシをおるとは!こしおり卵

⇒「茶碗蒸しの玉子液の簡単な割合比率

■ 他の調味料割合につきましては⇒「和食の調味料 割合と配合一覧」に掲載しておりますので、お役立てください。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報