茶碗吸い物の意味とは、和食の献立、料理用語集

日本料理の献立

茶碗吸い物(ちゃわんずいもの)とは

スポンサーリンク

和食の料理用語集

茶碗吸い物(ちゃわんずいもの)

塗りの器(椀)を使わずに陶磁器製の器(碗)に入れて提供される吸い物のことです。

食材の持ち味をいかす目的で、蒸し仕立ての料理のように器ごと蒸し上げる吸い物や、夏の涼味を演出するためにガラス器を使う場合などがあります。

「蒸し上げる吸い物の例」

○ 茶碗蒸しなど

「ガラス器を使う吸い物の例」

○ 冷やしとろろ吸いなど

茶碗蒸しの簡単な割合比率

吸い物が美味しく感じる塩分濃度と理由

【関連】

八寸(はっすん)の意味

強肴(しいざかな)の意味

合肴(あいざかな)の意味

追肴(おいざかな)の意味

口取り(くちどり)の意味

進肴(すすめざかな)の意味

預け鉢(あずけばち)の意味

箸洗い(はしあらい)の意味

箸休め(はしやすめ)の意味

小吸い物(こずいもの)の意味

口代わり(くちがわり)の意味

【会席料理と懐石料理】

2つのかいせき料理の相違点とは

【茶懐石料理とは】

茶懐石料理の由来、献立の名称と順番

和食の献立「それぞれの意味と特徴」

日本料理の献立、それぞれの意味一覧

料理の雑学一覧へ

献立用語集一覧へ

料理別、料理用語一覧を見る

【あ段~わ段】

【あ】 【か】 【さ】 【た】 【な】

【は】 【ま】 【や】 【ら】 【わ】

料理用語集 50音検索一覧

今回は茶碗吸い物の意味をご紹介いたしました。

料理の割合につきましては≫「和食の調味料割合と配合一覧」に掲載しておりますのでお役立てください。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク