海老芋の含め煮の作り方

【海老芋(えびいも)の含め煮】

スポンサーリンク

冬の煮物レシピ

今回は海老芋の含め煮をご紹介したいと思いますので、煮物調理の参考にされてはいかがでしょうか。

海老芋とは、子芋を海老型に肥大させた里芋の一種です。

海老芋の含め煮

「作り方手順」

【1】最初に、海老芋の皮を厚めにむいて水につけてください。

■ このとき、芋をつける水にミョウバンを少量加えておくと、煮くずれをおさえることができます。

【関連】

六方むきの手順を見る

【2】次に、米のとぎ汁、または米ぬかを加えた湯で芋をやわらかくゆで、ぬか臭さを取るためにもう一度「真水」でさっとゆでてください。

【3】そして、強火でひと煮立ちさせた合わせ調味料に海老芋を入れ、煮汁の中で動かないところまで火をしぼってください。

【合わせ調味料の割合】

だし 1200㏄
100㏄
みりん 100㏄
うす口醤油 大さじ2杯
大さじ1杯
削りがつお 5g

■ 削りがつおは旨味を補うために加えますので、だし専用のパックに入れる、またはガーゼに包んで芋と一緒に煮てください。

【4】このあと、約20分間加熱して煮汁を含ませ、火を止めて、そのまま冷ましながら味をなじませてください。

【5】そして、海老芋をもう一度あたためると完成です。

【海老芋の蟹身あんかけ】

海老芋のうま煮のかに身あんかけ,冬の煮物の献立

■ 海老芋を使って揚げだしや唐揚げを作る場合は、煮た芋に粉をまぶして165~170℃の油で色良く揚げてください。

注:揚げ物を作るさいは高温の油に十分注意して、ヤケドをしないように気をつけてください!

【関連】

野菜料理の関連一覧

魚介料理の関連一覧

今回は、海老芋の含め煮をご紹介いたしました。

他のレシピにつきましては≫「煮物レシピ関連一覧」に掲載しておりますので参考にされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク