野菜の甘酢漬けを作る基本方法【甘酢の割合3つ】

【野菜の甘酢漬け】

今回は「甘酢漬け」の方法と割合を3つご紹介したいと思いますので、和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

甘酢漬けを作る方法と割合

甘酢は、みょうが、レッドキャベツ、レッドオニオンに含まれる「アントシアン系色素」の赤色を出したり、なます、和え物、あんかけなどにも使えます。

合わせ酢の割合3つ

甘酢の割合(配合)①

「同量で作る、簡単な割合」

砂糖

■ 同じ容積(お玉や容器など)ではかってください。

※ 重さ(グラム数)ではありませんので注意してください。

甘酢の割合(配合)②

6合
3合
砂糖 250g
 25g

甘酢の割合(配合)③

1升
5合
薄口醤油 0.5合
砂糖 400g
 20g
だし昆布 5㎝角1枚
たかの爪 1本

甘酢の作り方とポイント

材料を合わせて火にかけ、砂糖を煮溶かして冷やすと完成です。

※ ぐつぐつと沸騰させると、酸味が飛びますので注意してください。

甘酢漬けの作り方

【1】鍋に湯を沸かして、材料を切り分けてください。

【2】次に、材料を湯に通してザルにあげ、振り塩をしてから粗熱を取ってください。

■ 塩は食材に行きわたるていどで大丈夫です。

【3】このあと、冷やした甘酢に漬けて、半日ていどなじませると完成です。

■ 急いで仕上げる場合でも、30分間以上は漬けてください。

※ みょうが、レッドキャベツ、葉しょうがなどは、長期間つけておくと赤色が酢に溶け出しますので、できるだけ早めに使ってください。

そして、レッドキャベツやレッドオニオンは、空気にふれると黒くなる場合がありますので、湯に通したあと、つめたく冷やした甘酢にそのままつけてください。

また、寿司に添えるしょうが(がり)は、うすく切って湯に通したあと、水にさらして余分な辛みを取ってから漬けてください。

【関連】

がりしょうがの語源とは

今回は【がり】の語源をご紹介したいと思いますので、寿司調理や献立作成の参考にされてはいかがでしょうか。がりとは、寿司の口直しに添える、甘酢漬けにした「しょうが」のことで、お寿司屋さんが使う隠語のひとつです。■隠語(いんご)とは仲間内だけに通じる言葉をいいます。【名の語源】

みょうがの酢漬けを作る方法とコツ

【寿司や酢の物に役立つ酢漬けみょうが】今回は夏野菜のみょうがを甘酢に漬ける方法(酢取りみょうが)をご紹介したいと思いますので、夏の献立や和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。

れん根の切り方一覧を見る

巻き寿司の詳しい巻き方とコツ!

今回は巻き寿司の巻き方と、すし飯がはみ出ないように作るコツをご紹介したいと思いますので和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。巻き寿司の巻き方とコツ【1】すし飯を広げる工程

野菜の飾り切り一覧を見る

野菜の詳しい飾り切り方法一覧235種+30今回は和食でよく使う野菜の切り方や簡単な細工切り、飾り切りのコツをまとめましたので煮物、揚げ物、刺身の姿造りなど、盛りつけ飾りや季節演出の参考にされてはいかがでしょうか。

酢の物用あわせ酢一覧を見る

酢の物用【合わせ酢の割合一覧】今回は酢の物を作るときの合わせ酢と調味料割合をまとめましたので、料理作りの参考にされてはいかがでしょうか。■各割合に移動いたします。

今回は甘酢をご紹介いたしました。

他の割合につきましては≫「料理別の調味料割合一覧」に掲載しておりますので参考にされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク