牡蠣の土手鍋(かきのどてなべ)の作り方とあわせみその割合

牡蠣の土手鍋(かきのどてなべ)

今回は、牡蠣料理で作ることが多い有名な鍋物をご紹介したいと思いますので、冬の献立作成や寒い日の料理作りの参考にされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

牡蠣の土手鍋の作り方と合わせ味噌の調味料割合

かきの下処理工程

【1】最初に、かきの貝殻を開いて身を取り出してください。

かきの殻をあける詳しい内容につきましては≫「冬食材の下処理方法【かき】の身を貝殻から取り出す基本手順」に掲載しております。

【2】次に「立塩」と呼ばれる海水程度の食塩水でやさしく洗ってください。

かきを塩水で洗う工程

■ 殻を外した状態で販売されている生食用のかきは、ボールの中に大根おろしと一緒に入れて、身をつぶさないように指で全体をかきまぜたあと、水で振り洗いして大根おろしをおとしてください。

大根おろしを使うと、かきの汚れとぬめりが大根おろしについてくれます。

かきの霜降り工程

【3】かきをさっと湯に通して冷水にとり、水気をきってください。

土手味噌を作る工程

【4】白味噌200gと赤味噌50gをまぜ合わせて、土手味噌を作ってください。

合わせみその作り方と割合

合わせ味噌の割合

白味噌 200g(8)
赤味噌  50g (2)

()内の数字は比率です。

■ 甘味をおさえる場合は白味噌の比率を少なくして【6:4】または【7:3】に変えてください。

そして、味噌がかたい場合は、加熱してアルコール分を飛ばした酒(煮切り酒)を少しずつ加えながら、使いやすいかたさに調節してください。

味噌を鍋に塗る工程

【5】合わせ味噌を鍋の内側のふちに土手を作るのような状態で塗りつけてください。

かきの土手鍋の作り方,合わせ味噌を土鍋のふちに塗りつけた例

味噌を鍋の周りに土手のように塗ることから「土手鍋」の名がついています。

このあと、かきと野菜類、豆腐などを用意してください。

かきの土手鍋の盛りつけ例,冬の鍋料理の献立

■ 鍋の材料は、味噌汁に合う食材であればこだわる必要はありませんので、好みの具を用意して、火の通りにくいものは下ゆでをしてください。

仕上げの工程

【6】味噌を塗った鍋に昆布とかつお節でとった出汁(だし)をそそぎ入れ、具材を加えて土手味噌を溶きながら食材に火を通すと完成です。

かきの土手鍋の作り方と合わせみその割合,豆腐と青ねぎ

【関連】

かきに関連した料理内容を見る

今回は、かきとりんごを使った冬の和え物をご紹介したいと思いますので、献立作成や和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。冬の献立【かきの蓼科和え(たてしなあえ)の作り方手順】最初に、かきの殻を開けて「立塩」と呼ばれる海水程度の食塩水で身を洗ってください。
今回は、かきをみそ床につけて身に風味を染み込ませる【みそ漬け手順と割合】をご紹介したいと思いますので、焼き物の献立作成や前菜の参考にされてはいかがでしょうか。【みそ床の調味料割合比率】白みそ200g、赤みそ50g、砂糖25gの割合で練りみそを作ってください。

冬の料理関連一覧を見る

冬の魚介料理【作り方一覧】今回は冬食材を使った魚料理の作り方や関連記事を集めましたので、献立作成や和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。
冬の野菜料理【作り方一覧】今回は冬食材を使った野菜料理の作り方や関連記事を集めましたので、献立作成や和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。

冬の献立一覧を見る

冬の食材50音順一覧表へ

今回は、かきの土手鍋をご紹介いたしました。

他のレシピにつきましては≫「本サイトの料理内容一覧」に掲載しておりますのでお役立ていただければ幸いです。

次回は違うメニューでお目にかかりたいと思います。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク