柿を使った五色菜のごま酢がけの作り方

【柿の酢の物】

今回は「柿と練りごま」を使った酢の物をご紹介したいと思いますので、秋の献立作成や和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

秋の酢の物レシピ

柿を使った五色菜のごま酢がけ

(材料)

柿、大根、人参、きゅうり

きくらげ、かぼちゃの種

「作り方手順」

【1】最初に、甘酢の材料を火にかけて、砂糖を煮溶かしたあと冷やしてください。

【甘酢の割合】

100㏄
100㏄
砂糖   50g

そして、練りごまと調味料を合わせて、ごま酢を作ってください。

【ごま酢の割合】

練りごま 100g
大さじ2
だし 大さじ1
煮切りみりん 大さじ1
うすくち醤油 小さじ1
砂糖 小さじ1

■ 練りごまと砂糖をすり鉢に入れて液体調味料を少しずつ加えながら、マヨネーズ状にのばしてください。

※ ごま酢のかたさは、だしの分量で調節してください。

【2】次に、柿、大根、人参、きゅうりをマッチ棒と同じ大きさに切り分け、人参だけを歯ごたえが残る程度にゆでてください。

■ 人参は、かたいですから熱を加えておりますが、ゆでない場合は細切りにしてください。

そして、水で戻したきくらげも同じ大きさに切り分け、熱湯で約10秒間ゆでてください。

【3】このあと、大根、人参、きゅうり、きくらげを立塩に約10分間つけてください。

立塩(たてじお)とは、水1000㏄に対して塩30gを加えた海水程度の食塩水のことです。【用途】魚介や野菜類に塩味をつけるときにひたしたり、海水産の魚、貝、甲殻類などの汚れやぬめりを洗い流す調理作業に使います。

■ 立塩につける時間が長いと塩辛くなりますので注意してください。

【4】そして、【3】の材料の水気をきって【1】の甘酢に約20分間ひたしてください。

【5】最後に、五色菜を盛りつけて「ごま酢」をかけ、天盛りにかぼちゃの種を添えると完成です。

柿のごま酢掛け,秋の献立,酢の物

■ 盛りつけに使っている柿の皮は、色が変わらないよう塩水に通して、かぼちゃの種は乾燥品を使用しております。

【関連】

【柿なます】今回は、秋の献立によく使う柿を使った酢の物をご紹介したいと思いますので、献立作成や和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。

秋の料理関連一覧を見る

酢の物の献立一覧を見る

今回は柿のごま酢がけをご紹介いたしました。

他の酢の物につきましては≫「酢の物レシピ関連一覧」に掲載しておりますので参考にされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク