オレンジカップの切り方手順【果物盛りに役立つ飾り切り】

オレンジの飾り切り方法

今回の飾り切りはオレンジをカップ形に切る方法をご紹介したいと思いますので、果物の盛り合わせ、水物の盛りつけ等にお役立てください。

スポンサーリンク

オレンジをカップに切る方法、果物の盛りつけに役立つ飾り切り

オレンジカップの切り方手順

【1】まず、オレンジを横半分に切り分けて、端の丸い部分を約1㎝の幅で切り落としてください。

オレンジ,飾り切り,カップ,果物

↓↓↓

オレンジ,飾り切り,カップ,果物

↓↓↓

オレンジ,飾り切り,カップ,果物

【2】次に、太い輪切りにした果肉部分の外側に包丁を差し込んで、オレンジを手前に回しながら中の実をくり抜いてください。

■ このとき、皮と果肉の境目の少し内側に包丁を差し込んで、実に白い皮が残らないようにしてくり抜くと、盛りつける際の見た目がきれいに仕上がります。

オレンジ,飾り切り,カップ,果物,バスケット

↓↓↓

オレンジ,飾り切り,カップ,果物,バスケット

↓↓↓

オレンジ,飾り切り,カップ,果物,バスケット

【3】このあと【1】で切り落とした端の部分を裏返して、くり抜いた皮の中に水平に押し込んでカップの底にしてください。

オレンジ,飾り切り,カップ,果物,バスケット

↓↓↓

オレンジ,飾り切り,カップ,果物,バスケット

↓↓↓

オレンジ,飾り切り,カップ,果物,バスケット

【4】そして、くり抜いた果肉を半分に切り分けて盛りつけると「オレンジカップ」が完成します。

オレンジ,飾り切り,カップ,果物,バスケット

■ 写真は下に笹の葉を切ったものを敷いて緑色を出していますが、ミントの葉、パセリ、セルフィーユなどの香草を飾りに添えると簡単です。

そして、オレンジの他にもブドウ、チェリー、イチゴ、メロン、キウイなどを一緒に盛りつけると色合いが鮮やかになります。

また、お刺身の盛りつけに使う場合は白身魚(鯛やひらめ等)をオレンジの果汁で軽くマリネにしてアボカドのスライスを挟んだりすると洋風の盛りつけが楽しめます。

注:包丁には十分注意して手をけがしないように仕上げてください。

今回はオレンジでカップを作る方法をご紹介いたしましたが、同じ切り方を応用すると、手かご(バスケット形)にも切れますので、フルーツの盛り合わせや、刺身、酢の物を盛りつける場合などにお役立てください。
オレンジ,飾り切り,カップ,果物,バスケット

↓↓↓

手かごオレンジの切り方につきましては⇒「果物の盛り合わせに役立つ飾り切り方法~オレンジバスケットの作り方手順」に掲載しております。

【参考】⇒「酢の物の合わせ酢、割合一覧

■⇒野菜の飾り切り手順一覧

和食の飾り切り、むきもの道具の名称一覧

◎【次の切り方を見る⇒手順とコツ一覧へ】

次回は違う飾り切りでお目にかかりたいと思います。

最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報