塩昆布を煮るときの調味料割合【つくだ煮、山椒煮の配合】

塩昆布【昆布のつくだ煮、山椒煮】

スポンサーリンク

和食の煮汁、調味料割合帳

塩昆布を煮るときの煮汁

【調味料の割合】

濃口醤油 1升
たまり醤油 1升
みりん 4合
1合
有馬山椒 適量
粉鰹 適量
砂糖 100g

塩昆布を煮るときの煮汁割合一例です。

■ 最初に、同量の酒と水を、四角く切り分けた昆布と同じ高さ(ひたひた)まで加えて、鍋を火にかけてください。

そして、ある程度やわらかくなってから、調味料を加え、仕上げに粉鰹と有馬山椒を入れてください。

※ 分量表の酒は、他の調味料を加えるときに入れてください。

また、甘味がたりない場合は砂糖を増やしてください。

【関連】

煮物用語集一覧

佃煮(つくだに)の語源

有馬煮(ありまに)の語源

他の割合につきましては≫「和食の調味料割合と配合一覧」に掲載しておりますのでお役立てください。

次回は違うメニューでお目にかかりたいと思います。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク