鶏もも肉の山しょう焼き【作り方とつけだれ割合】

和食の焼き物レシピ

今回は鶏のもも肉を使った山椒焼き(さんしょうやき)をご紹介したいと思いますので、料理作りの参考にされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

鶏もも肉の山椒焼きの作り方とつけだれ割合

山椒焼きのたれを作る工程

【1】最初に、合わせ調味料に実山椒を加えてひと煮立ちさせ、アクを取り除いたあと冷ましてください。

【調味料と実山椒の割合】

(鶏もも肉1枚分、約300gに対して)

150㏄(3)
みりん  50㏄ (1)
濃口醤油  50㏄ (1)
山椒の醤油煮 小さじ1杯(適量)

■ ()内の数字は比率です。

甘味を強めるときは砂糖を追加し、色濃く仕上げる場合はたまり醤油を少量加えて、醤油の味を強くする場合は酒の分量を減らしてください。

そして、山椒の辛味と香りの強さは実山椒の分量を変化させる、または焼き上がりに木の芽や粉山椒を振りかけると簡単に調節できます。

鶏肉の下処理工程

【2】鶏のもも肉は残っている骨や余分な脂身を取り除いて、一口大に切り分けてください。

鶏肉を山椒だれに漬ける工程

【3】次に、鶏肉を山椒だれに約1時間漬け込んで、中まで味をなじませてください。

鶏肉の山しょう焼きの作り方,たれに漬け込む工程

串打ちの工程

【4】焼くときに串を持ちやすくするため、切り身の幅が長いものを向こう側にして2本の金串を鶏肉に刺してください。

鶏もも肉のつけ焼きの串打ち方法

鶏肉を焼く工程

【5】鶏を火にかけて両面を色良く焼き、9割程度火が通ったところで、肉の漬け込みに使った山椒だれを仕上げにかけながら乾かす程度にあぶると完成です。

鶏肉の山椒焼きの作り方,たれをかけて仕上げる工程

【盛りつけ例】

鶏肉の山しょう焼きの作り方と盛りつけ例

花れん根の切り方手順

野菜の甘酢漬けを作る基本方法

【甘酢の割合3つ】

■ 山椒だれは他の材料にも使えますので、焼き物作りの参考にされてはいかがでしょうか。

【関連】

焼きだれの【調味料割合一覧】今回は焼き物のつけだれ、かけだれ割合を集めましたので参考にされてはいかがでしょうか。◆照り焼きだれ◆はもだれ◆ぶりの焼きだれ◆うなぎだれ◆若狭焼き◆鴨肉、鶏肉のくわ焼き◆焼き鳥だれ◆万能醤油だれ◆たいのゆうあん焼き◆さわらのゆうあん焼き◆味噌ゆうあん◆白玉みそ◆豚肉のしょうが焼き

全ての調味料割合を見る

野菜の切り方【焼き物の飾り切りとコツ】今回は本サイトの「飾り切り【100選】」から焼き物に使える切り方をまとめましたので、季節の演出や料理飾りの参考にされてはいかがでしょうか。

焼き物の献立一覧へ

和食の焼き物手法【串の打ち方一覧】

焼き物の語源、意味、由来50音順一覧

【参考】

料理の雑学、豆知識一覧

今回は本サイトや姉妹ブログでご紹介しております料理用語をまとめましたので、献立作成や和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。和食の語源、意味、由来【項目別の料理用語集一覧】■各 料理用語に移動いたします。

和食の料理内容まとめ一覧

今回は鶏肉の山椒焼きをご紹介いたしました。

他のレシピにつきましては≫「焼き物レシピ関連一覧」に掲載しておりますので、お役立ていただければ幸いです。

次回は違うメニューでお目にかかりたいと思います。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク