菊花蓮根の切り方とコツ【秋の野菜 飾り切り】日本料理のむきもの

秋の飾り切り【菊花蓮根の作り方とコツ】

今回は菊花蓮根の切り方をご紹介したいと思いますので、刺身飾りや料理演出の参考にされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

秋の野菜飾り切り

菊花蓮根の切り方手順

【1】最初に、蓮根を輪切りにして皮をむき、包丁で穴と穴の間に切り込みを入れてください。

IMG_2457

↓↓↓

IMG_2459

【2】次に、穴の形に沿わせながら切り込みに向かって丸みをつけてください。

IMG_2461

【3】そして、このまま穴の数と同じように丸みをつけますが、切り込みを入れる部分に小さい穴が空いている場合があります。

IMG_2462

↓↓↓

IMG_2464

■このような場合は、小さい穴をずらして丸みをつけるか、穴の部分を完全にむき取ってください。

「穴をずらした例」

↓↓↓

IMG_2465

「穴をむき取った例」

↓↓↓

IMG_2466

【4】そして、全体を蓮根の穴と同じように丸くむくと完成です。

IMG_2467

この菊花蓮根はお刺身の飾りや大皿盛り、煮物、酢の物など秋の会席料理演出で役立つ飾り切りですので参考にしてください。

秋の飾り切り一覧を見る

紅葉人参 ≫いちょう ≫いちょう大根

注:包丁には十分注意して手をけがしないように仕上げてください。

「れん根を割れないように切る方法」今回は包丁で切るとすぐに割れてしまう「蓮根(れんこん)」の切り口を、きれいに切る簡単な方法をご紹介したいと思いますので、料理作りや飾り切りの下準備にお役立てください。

野菜の飾り切り手順一覧

和食の飾り切り、むきもの道具一覧

酢の物の調味料割合につきましては≫「酢の物用あわせ酢割合一覧」に掲載しておりますので参考にされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報