煎り酒(いりざけ)の意味とは【和食の料理用語集】

【煎り酒(いりざけ)】

今回は煎り酒(いりざけ)の意味をご紹介したいと思いますので、和食調理や献立作成の参考にされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

和食の料理用語集

煎り酒(いりざけ)とは

酒、みりん、梅干し、かつお節を火にかけて煮つめたあと、キッチンペーパーやネル生地で漉したもので、冷やしてから向付(むこうづけ)の添え汁として使います。

向付の意味を見る

【和食の雑学、豆知識】今回は日本料理で使う「献立」の意味を整理いたしましたので、和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。■各献立に移動いたします。※本文中の献立名には送り仮名をつけておりますが、実際には漢字のみで表すことが多いです。

【関連】

献立別の料理用語集一覧を見る

料理の雑学、豆知識一覧を見る

料理用語【あ段~わ段】

【あ】 【か】 【さ】 【た】 【な】

【は】 【ま】 【や】 【ら】 【わ】

料理の語源、意味、由来 50音一覧へ

【調味料割合】

和食の調味料割合と配合一覧

【四季の食材】

季節別、旬の食材一覧表

【飾り切り方法】

野菜飾り切り方法とコツ100選

今回は煎り酒の意味をご紹介いたしました。

他の料理用語につきましては≫「料理の語源、意味、由来一覧」に掲載しておりますのでお役立てください。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報