一寸豆で蝶々(ちょうちょう)を作る方法【春の前菜、料理のあしらい】

スポンサーリンク


春の献立【蝶々一寸豆】

今回は一寸豆(そら豆)と芋で作る「蝶々」をご紹介したいと思います。

この蝶々は春の献立に季節感を添えるときに役立ちますので、前菜盛りや料理のあしらいにお役立てください。

春の献立「季節の演出法」

一寸豆と芋で作る、蝶々飾り

(材料)

山芋、卵黄、一寸豆、そうめん

塩、砂糖

作り方手順

【1】最初に、一寸豆を塩ゆでして、蒸した山芋を裏ごしてください。

【2】次に、裏ごした芋に卵黄を加えて色づけし、塩、砂糖で味をととのえてください。

■ この段階で芋に水分や粘りがある場合は、湯せんで練り上げてから冷ましてください。

【3】このあと、山芋を一寸豆ではさみ、蝶々の形にととのえてください。

↓↓↓

【4】最後に、素揚げしたそうめんを触覚に見立てて刺し込むと完成です。

■ 献立の中で「かつお」を使う場合は、尾びれを1本ずつさいたあとに乾燥させると、季節の昆虫を作るときの触覚に使えます。

【関連】

花びらゆり根の切り方につきましては≫「春の飾り切り、花びらゆり根の切り方手順」に掲載しております。

»「春の盛りつけ例を見る

料理のあしらいに使える桜長芋の作り方

桜色に染めた桜花長芋の作り方

春の料理に使える飾り切り一覧

他の飾り切りにつきましては≫「野菜の飾り切り【100選】切り方手順とコツ一覧」に掲載しておりますのでお役立てください。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報