みりん干しの作り方【青魚に使えるつけ焼き方法と調味料割合】

和食の焼き物、つけ焼きレシピ

今回は鯵(あじ)、鰯(いわし)、秋刀魚(さんま)等に使える【みりん干しの作り方手順】をご紹介したいと思いますので、焼き物の献立や前菜の一品などにお役立てください。

スポンサーリンク

みりん干しの作り方と、つけだれの調味料割合

■ 本記事では、いわしを使用した作り方をご紹介しております。

魚に塩をあてる工程

【1】最初に、骨を取り除いて切り揃えた「いわし」にうす塩をあて、約30分間なじませてください。

いわしの上身に振り塩をする工程

つけだれを合わせる工程

【2】次に、みりんと醤油を合わせて、好みで砂糖を加えてください。

合わせ調味料の割合例
煮切りみりん 250㏄
醤油 100㏄
好みで加える場合の砂糖 小さじ1/3杯程度

■ 煮切りとは、火にかけてアルコール分を飛ばした状態のものをさします。

魚をつける工程

【3】いわしを【2】のつけだれに入れ、20~30分程度ひたしてください。

つけだれから取り出して干す工程

【4】取り出したいわしの水分を軽くふき取り、白ごまを振りかけて風干しにする、または脱水シートに挟んでください。

そして、魚の表面がある程度乾くまで干してください。

※ 干す時間が長いと身がかたくなりますが、日持ちさせたい場合はしっかりと水分を抜いてください。

仕上げの工程

【5】最後に、こがさないように気をつけながら焼き上げると完成です。

いわしのみりん干し

【関連】

鮎の風干し【一夜干しの作り方】

中骨は唐揚げや骨せんべいにどうぞ

さばの柚庵(ゆうあん)焼きの作り方

ゆうあん焼きの語源、意味、由来

鰤(ぶり)のみそ漬けの作り方

青魚に使えるつけ焼きの作り方と割合

焼き物レシピ関連
前菜、八寸物の関連

焼きだれ、つけだれの割合一覧

◆照り焼きだれ◆はもだれ◆ぶりの焼きだれ◆うなぎだれ◆若狭焼き◆鴨肉、鶏肉のくわ焼き◆焼き鳥だれ◆万能醤油だれ◆たいのゆうあん焼き◆さわらのゆうあん焼き◆味噌ゆうあん◆白玉みそ◆豚肉のしょうが焼き等

【参考】

飾り切りと細工料理一覧

和食の調味料割合と配合一覧

和食の献立集【項目別一覧表】

今回は、みりん干しの作り方をご紹介いたしました。

他のレシピにつきましては≫「本サイトの料理内容一覧」に掲載しておりますのでお役立ていただければ幸いです。

次回は違うメニューでお目にかかりたいと思います。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク