ラディッシュの飾り切り【てんとう虫の切り方手順とコツ】

スポンサーリンク


野菜の飾り切り方法【てんとう虫】

今回は春の終わりごろから顔を出し始める「てんとう虫」の切り方をご紹介したいと思いますので、サラダ飾りや子供さんと一緒に料理を楽しむときの参考にされてはいかがでしょうか。

大根の飾り切りとコツ

てんとう虫ラディッシュの切り方

頭を作る工程

【1】最初に、ラディッシュの根を切り落として、葉のついている部分から3㎜のところに浅い切り込み線を入れてください。

【2】次に【1】の切り込み線から葉の方に向け、赤い皮をうすく切り取って頭部を白くしてください。

■ このとき、包丁で葉を切り落とさないようにゆっくりと進めてください。

左右の羽根を作る工程

【3】頭が作れたあと、中心線に切り込みを入れて、左右の羽根を作ってください。

羽根の模様を入れる工程

【4】筋を入れたあと、中心をうすく切り取り、てんとう虫の羽根に模様をつけてください。

【5】そして、工程【4】と同じ要りょうで上下の角に4か所の模様を入れてください。

「簡単に切る場合」

■ 5つの模様が入れにくい場合は【4】の工程をとばして、左右の羽根の中心を1か所ずつ(計2か所)切り取ってください。

しょっかくを作る工程

【6】羽根の模様を入れたあと、形の良い葉を2枚残して包丁または、はさみで同じ長さに切り落としてください。

【7】そして、切った葉に「てんとう虫」がのっているように盛りつけると完成です。

ラディッシュの飾り切り方法とコツ一覧

【ラディッシュの飾り切り】今回はラディッシュの「飾り切り」を集めましたので、サラダ仕立ての献立や酢の物飾りの参考にされてはいかがでしょうか。■各切り方に移動いたします。

注:包丁には十分注意して手をけがしないように仕上げてください。

【関連】

春の飾り切り手順一覧へ

【春の飾り切り方法とコツ一覧】今回は本サイトの「飾り切り」から春に使える切り方やコツをまとめましたので、季節の演出や和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。

飾り切り100選、切り方とコツ一覧

野菜の詳しい飾り切り方法一覧218種+30今回は和食でよく使う野菜の切り方や簡単な細工切り、飾り切りのコツをまとめましたので煮物、揚げ物、刺身の姿造りなど、盛りつけ飾りや季節演出の参考にされてはいかがでしょうか。

春料理の関連記事を見る

今回は、てんとう虫の切り方をご紹介いたしました。

簡単な飾り切りにつきましては≫「手順がわかると簡単に切れる【野菜の飾り切りとコツ一覧】」に掲載しておりますので参考にされてはいかがでしょうか。

次回は違う飾り切りでお目にかかりたいと思います。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報