蓮根の飾り切り手順,蛇籠(じゃかご)の切り方「和食のむきもの」

スポンサーリンク



蓮根の飾り切り手順、蛇籠(じゃかご)

今回の飾り切りは蓮根を蛇籠にむく方法をご紹介したいと思います。

本来の蛇籠(じゃかご)とは竹を粗く編んだ細長いかごのことで、護岸や水流を調節するために使われるものです。これを野菜で模して飾り切りにします。

そして、料理の用途としては甘酢漬けにして焼き物のあしらいに使うことが多く、食材を巻いて揚げたり、蒸し物、八寸物にも利用できますので参考にしてください。

野菜の飾り切り~蛇籠(じゃかご)蓮根の切り方手順

蛇籠蓮根の切り方

【1】蓮根を約5㎝の長さに切って皮をむいてください。

蛇籠,じゃかご,蓮根,れんこん,飾り切り

↓↓↓

蛇籠,じゃかご,蓮根,れんこん,飾り切り

蓮根を切る場合の注意点

■ 蓮根を切る場合に鋼(鉄)の包丁で切ると化学反応を起こして色が黒くなってしまいますので、ステンレス製やモリブデン鋼のような錆びない包丁を使う方が、そのあとの調理がしやすくなって白く仕上がります。

【2】次に、蓮根を縦向きにして角に丸みをつけて桂むきがしやすい状態にしてください。

蛇籠,じゃかご,蓮根,れんこん,飾り切り

↓↓↓

蛇籠,じゃかご,蓮根,れんこん,飾り切り

↓↓↓

蛇籠,じゃかご,蓮根,れんこん,飾り切り

【3】このあと、蓮根を桂むきにしてください。

蛇籠,じゃかご,蓮根,れんこん,飾り切り

↓↓↓

蛇籠,じゃかご,蓮根,れんこん,飾り切り

↓↓↓蛇籠,じゃかご,蓮根,れんこん,飾り切り

■ 桂むきの詳しい方法につきましては「大根けんの詳しい切り方~桂むきのコツ5つ」に掲載しておりますので参考にしてください。

蓮根を切っているときの注意点

蓮根を桂むきにすると割れたり、折れたりしやすいですから、切り上がった側を丸めながらまとめていくと割れずに仕上がります。

また、色の変色を防ぐ場合は酢を少量加えた水の中に浸けながら蓮根をむいてください。

【4】そして、芯が細くなるまで桂むきが進んだところで切り離すと「蛇籠蓮根」が完成します。

蛇籠,じゃかご,蓮根,れんこん,飾り切り

【関連記事】野菜の切り方、飾り切り一覧

○⇒野菜の甘酢漬け方法、合わせ酢3つ

○⇒蓮根の切り方、飾り切り手順の一覧

注:包丁には十分注意して手をけがしないように仕上げてください。

今回ご紹介いたしました「蛇籠蓮根」は酢の物以外に食材を巻いて揚げ物にしたり、魚を巻いて焼き物に利用することもできますので、いろいろな料理にお役立てください。

飾り切り関連⇒「次の飾り切りを見る

【参考】⇒「酢の物の合わせ酢、割合一覧

■⇒野菜の飾り切り手順一覧

和食の飾り切り、むきもの道具一覧

蓮根を飾り切りにする前の切り方につきましては⇒「蓮根を割れないように切る簡単な方法」に掲載しておりますのでお役立てください。

次回は違う飾り切りでお目にかかりたいと思います。

最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク