亀たけのこの切り方とコツ【おせち料理、祝膳の飾り切り方法】

スポンサーリンク



野菜の飾り切り、亀筍(かめたけのこ)

今回は祝膳や、おせち料理などの飾り切りから、たけのこで亀を切る方法をご紹介したいと思いますので和食調理にお役立てください。

野菜の飾り切り方法

亀たけのこの切り方手順とコツ

【1】最初に、たけのこを半分に切り分けて、太い方に2か所の切り込みを入れてください。

亀,筍,飾り切り,かめたけのこ1img_5403

↓↓↓

亀,筍,飾り切り,かめたけのこ2img_5404

3つに分けた中心が亀の頭部になり、左右が肩になりますので、真ん中の切り込み幅を狭くするとバランスよく仕上がります。

亀,筍,飾り切り,かめたけのこ3img_5405

【2】次に【1】の切り込みに向かって頭部の丸みをつけてください。

亀,筍,飾り切り,かめたけのこ4img_5407

【3】そして【2】と同じようにして、左右の肩を丸く切り込んでください。

亀,筍,飾り切り,かめたけのこ5img_5410

【4】このあと、前足の部分に切り込みを入れてください。

亀,筍,飾り切り,かめたけのこ6img_5413

そして、切り込みに向け、たけのこの形にそわせるよう丸みをつけながら切りはなし、前足部を表してください。

亀,筍,飾り切り,かめたけのこ7img_5415

↓↓↓

亀,筍,飾り切り,かめたけのこ8img_5416

■ 反対側も同じように切り取ってください。

ここまで切り進むと亀の原型が作れますので、甲羅を切り込まないときは、この状態で調理してください。

亀,筍,飾り切り,かめたけのこ9img_5417

亀の甲羅を切り込む場合

【5】このあと、たけのこの表面に切り込みを入れて亀の甲羅を表してください。

亀,筍,飾り切り,かめたけのこ10img_5421

上写真の金串部に切り込みを入れて、頭部の筋を表してください。

亀,筍,飾り切り,かめたけのこ11img_5422

【6】そして、頭部の切り込みの幅にあわせて、甲羅の模様を切り込んでください。

亀,筍,飾り切り,かめたけのこ12img_5423

↓↓↓

亀,筍,飾り切り,かめたけのこ13img_5426

【7】最後に、尾の切り込みを入れると「亀たけのこ」の完成です。

亀,筍,飾り切り,かめたけのこ,完成img_5428

甲羅を切り込むときの注意点

たけのこは一度ゆでてから切りますので表面はやわらかいですが、中の筋がかたいときがあります。

そして、やわらかい部分は刃が入っても筋部が切りにくいですから、よく切れる包丁で飾り切りしてください。

注:包丁には十分注意して手をけがしないように仕上げてください。

野菜の飾り切りとコツ一覧

【関連】

おせち料理や祝膳の飾り切り

⇒「亀大根の切り方手順とコツ

⇒「鶴大根の切り方手順とコツ

⇒「松大根の切り方手順とコツ

⇒「松人参の切り方手順とコツ

⇒「梅人参の切り方とねじり梅の手順

お節料理、祝膳の飾り切り一覧

⇒「簡単な飾り切り手順一覧」へ

⇒「刺身の盛りつけに役立つわさび台

参考⇒「正月料理、おせち料理の献立一覧

次の切り方を見る⇒飾り切りのコツ一覧

次回は違う飾り切りでお目にかかりたいと思います。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク