万寿 亀の詳しいむき方手順とコツ!日本料理の飾り切り、野菜のむきもの

スポンサーリンク


日本料理のむきもの

野菜の飾り切り【万寿亀のむき方】

今回は亀のむき方をご紹介したいと思います。

この亀や鶴のむきものは、お正月や結婚式などの祝い料理に役立つ飾り切りですので参考にされてはいかがでしょうか。

日本料理のむきもの、野菜の飾り切り

祝い料理に役立つ飾り切り【万寿亀の切り方】

今回は大根で亀のむき物を作ります。

IMG_0715

【むき方の手順とコツ】

【1】まずは、大根の細くなっている方を約10cmの長さに切ってください。

IMG_0685

【2】次に、この大根の細い方がとがるように6角形にして皮をむいてください。

IMG_0689

↓↓↓

IMG_0691

【3】そして、この大根を縦半分にします。

IMG_0694

【4】大根の太い方で亀の頭になる部分を形づくってください。

このとき、真ん中の頭と左右の肩の部分を3等分するとバランスがよくなります。

IMG_0695

【5】その後、肩口に丸みをつけて、頭になる部分の下半分くらいから亀が少し頭を上げているように曲線を描きながら切り落としてください。

IMG_0696

【6】全体の形ができたら、今度は亀の手になる部分を切り出します。

IMG_0698

【7】そのあと、包丁や飾り切り用の彫刻刀を使って亀の甲羅と尾になる部分の筋目を彫っていってください。

IMG_0703

↓↓↓

【8】亀全体の模様を浮き立たせて万寿 亀のむきものが完成です。

IMG_0715

筋目を浮き立たせる場合に包丁の切り先を使うと、甲羅の模様がくっきりと浮かび上がりますので仕上がりの形がよくなります。

この亀は、前回までの飾り切りよりも少し手間がかかりますが、祝い料理にお出しすると喜ばれるむき物ですので参考にしてください。

亀甲大根の飾り切り~亀のむき方とコツ

IMG_2088

注:包丁には十分注意して手をけがしないように仕上げてください。

【関連】

⇒「おせち料理や祝い膳の飾り切り一覧

■⇒野菜の飾り切り一覧

次回は違う飾り切りでお目にかかりたいと思います。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報