万寿亀の詳しいむき方手順とコツ!日本料理の飾り切り、野菜のむきもの

 
■ 当サイトをご覧の方々並びに全国の皆様におかれましては、お身体に十分注意していただきたく存じます。
 

日本料理のむきもの

野菜の飾り切り【万寿亀のむき方】

今回は亀のむき方をご紹介したいと思います。

この亀や鶴のむきものは、お正月や結婚式などの祝い料理に役立つ飾り切りですので参考にされてはいかがでしょうか。

IMG_0715

日本料理のむきもの、野菜の飾り切り

祝い料理に役立つ飾り切り【万寿亀の切り方】

【1】最初に、大根の細くなっている方を約10cmの長さに切ってください。

IMG_0685

【2】次に、この大根の細い方がとがるように6角形にして皮をむいてください。

IMG_0689

↓↓↓

IMG_0691

【3】そして、この大根を縦半分にします。

IMG_0694

【4】大根の太い方で亀の頭になる部分を形づくってください。

このとき、真ん中の頭と左右の肩の部分を3等分するとバランスがよくなります。

IMG_0695

【5】その後、肩口に丸みをつけて、頭になる部分の下半分くらいから亀が少し頭を上げているように曲線を描きながら切り落としてください。

IMG_0696

【6】全体の形ができたら、今度は亀の手になる部分を切り出します。

IMG_0698

【7】そのあと、包丁や飾り切り用の彫刻刀を使って亀の甲羅と尾になる部分の筋目を彫っていってください。

IMG_0703

↓↓↓

【8】亀全体の模様を浮き立たせて万寿 亀のむきものが完成です。

IMG_0715

筋目を浮き立たせる場合に包丁の切り先を使うと、甲羅の模様がくっきりと浮かび上がりますので仕上がりの形がよくなります。

亀甲大根の飾り切り

IMG_2088

【重要】包丁には十分注意して、手をけがしないように仕上げてください。

【 飾り切り、むき方の基本 】

大根けんの詳しいむき方とコツ5つ

大根を米のとぎ汁で下ゆでする理由とは?

【大根を米のとぎ汁で下ゆでする理由とは?】作業手順と料理の雑学、豆知識

大根の飾り切り一覧

【関連】

梅人参の切り方【基本手順】ねじり梅に切る方法3つと飾り切りのコツ。今回は冬の飾り切りで一番多く使われる「梅人参」を切る方法と5枚の花びらに切り込みを入れて「ねじり梅」にする手順をご紹介したいと思いますので、おせち料理の献立や冬会席の参考にされてはいかがでしょうか。

おせち料理三段重,正月の献立

梅酢と竹串5本を使った【梅花玉子の作り方とコツ】今回は、うずら玉子を梅の形にととのえる「梅花玉子」の基本手順をご紹介したいと思います。この梅花玉子は冬の八寸物や焼き物のあしらい、松竹梅の祝い肴などに使えますので参考にされてはいかがでしょうか。

冬の八寸の献立,前菜盛り合わせ七種盛り,焼き八寸

おせち料理や祝い膳の飾り切り一覧

蝶々の詳しい切り方と作り方一覧

梅の簡単なわさび台

梅型わさび台の作り方

野菜の飾り切り100選

覚えておきたい飾り切り方法とコツ一覧【野菜の飾り切りと細工料理296+30種まとめ】料理によく使う野菜の切り方や簡単な飾り切り方法、細工切り等を集めましたので季節演出や盛りつけ飾りの参考にされてはいかがでしょうか。飾り切りと料理作りに必要な切り方※包丁には十分注意してケガをしないように仕上げてください。

木取る(きどる)の意味と語源を見る

項目別の切り方一覧 】

和食の飾り細工【料理の作り方一覧】今回は、和食で使う飾り細工や料理飾りをまとめましたので、前菜、八寸の献立、または「あしらい」など、四季の盛りつけや季節演出の参考にされてはいかがでしょうか。■各切り方や項目に移動いたします。

季節の料理演出一覧

今回は大根の切り方をご紹介いたしました。

他のレシピ等につきましては≫「本サイトの料理内容一覧」に掲載しておりますのでお役立ていただければ幸いです。

次回は違うメニューでお目にかかりたいと思います。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。