舞鶴の詳しい切り方とコツ【祝い料理の飾り切り~野菜むきもの】

スポンサーリンク


祝い料理の飾り切り【舞鶴大根】

野菜のむきもので祝宴を演出する方法

今回の飾り切りは大根を鶴の形に切る詳しい手順をご紹介したいと思います。

この【舞鶴大根】は刺身の飾りや祝い料理の演出、煮物などに利用できますのでお役立てください。

祝い料理の飾り切り【舞鶴】を作る方法

IMG_2081

舞鶴大根の飾り切り~基本の切り方手順とこつ

「舞鶴大根切り方手順」

【1】まず、大根を台形に切ってください。

IMG_2070

【2】次に、短い方の辺の中心に切り込みを入れて丸みをつけ、鶴の尾羽根になる部分を切っていきます。

IMG_2063

↓↓↓

IMG_2064

↓↓↓

IMG_2066

【3】そして、鶴の両翼を切り込んでください。

IMG_2067

反対側も同様に切ってください。

↓↓↓

IMG_2069

【4】この後、鶴の首になる部分を丸みをつけながら切ってください。

■首とくちばしの境になる部分の切り込みを、長辺の中心にするとバランスがとりやすくなります。

IMG_2071

【5】そして、写真のつぼ切りという道具の丸形で、大根をくり抜いてください。

IMG_1984

↓↓↓

IMG_2072

【6】この後、鶴の頭とくちばし部分を切っていきます。

頭になる部分の丸みをつける場合、先ほどのつぼ切りを使うと切りやすいです。

IMG_2075

↓↓↓

IMG_2076

【7】最後に、鶴のくちばし部分を切りそろえて「舞鶴大根」の完成です。

IMG_2081

この【舞鶴大根】は祝い料理の刺身飾りや大皿盛り・煮物などの演出で役立つ飾り切りですので参考にしてみてください。

注:包丁には十分注意して手をけがしないように仕上げてください。

和食の飾り切り方法~関連

■⇒野菜の飾り切り一覧

○⇒和食の飾り切り~むきもの道具一覧

◎【次の切り方を見る⇒飾り切り一覧へ】

次回は違う飾り切りでお目にかかりたいと思います。

最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報