なすの天ぷらを作る時の切り方とコツ一覧【揚げ物,飾り切り】

スポンサーリンク



「末広(扇)なす、茶せんなす」

「小なす切り方3つ、加茂なす釜2つ」

「火の通りを早くするためのかくし包丁」

今回は、なすの天ぷらや揚げ物の切り方をまとめて一覧にいたしましたので、盛りつけ飾りや和食調理にお役立てください。

野菜の切り方とコツ

⇒「なすの飾り切り一覧

■各切り方に移動いたします■

⇒「長なす、千両なすの切り方」

⇒「なすを天ぷら用に切る2つの方法

IMG_2715

⇒「小なすの切り方」

⇒「茶せんなすの切り方手順

揚げ物,3小茄子,茶せんなす,飾り切りimg_5245

⇒「小なすの天ぷら用、切り方3つ

⇒「丸なす、加茂なすの切り方」

⇒「なす釜の作り方手順とコツ

⇒「かもなす釜の作り方(縦方向)

⇒「なすに早く火を通す、かくし包丁手順

揚げ物に役立つ飾り切り一覧

なすの天ぷらを作るときのコツ

【1】最初に、なすを食べやすい大きさに切り分けて、飾り包丁をしてください。

【2】次に、なすの皮がついていない方に下粉を薄くまぶしてください。

野菜,天ぷら打ち粉,椎茸,小茄子img_5230

【3】そして、冷水に卵黄を混ぜ合わせたもので、薄力粉を溶いて衣を作ってください。

【4】このあと、粉をまぶした方のみに衣をつけてください。

そして、衣のついていない皮側を下にして油に入れ、約10秒間、揚げたあと、裏返して衣側で火を通すと「なす天ぷら」の完成です。

揚げるときのポイント

■ なすの天ぷらを揚げる場合、全体に衣をつけると、衣でおおわれているために水分の逃げ道がなくなります。

ですが、片方だけにつけることで、衣がついていない上側から水分が蒸発して、早くカリッと揚がります。

そして、余分な衣をつけずに見栄え良く仕上げられますので、参考にしてください。

「季節別の飾り切り方法」

≫「春の飾り切り一覧

≫「夏の飾り切り一覧

≫「秋の飾り切り一覧

≫「冬の飾り切り一覧

「料理別の飾り切り方法」

刺身に役立つ飾り切り一覧

煮物に役立つ飾り切り一覧

酢の物に役立つ飾り切り一覧

お節料理、祝膳の飾り切り一覧

刺身の飾り切り、わさび台一覧

「食材別の飾り切り方法」

■≫「胡瓜の飾り切り一覧

■≫「人参の飾り切り一覧

■≫「大根の飾り切り一覧

■≫「かぶの飾り切り一覧

■≫「南瓜の飾り切り一覧

■≫「蓮根の飾り切り一覧

■≫「里芋の飾り切り一覧

■≫「椎茸の飾り切り一覧

■≫「果物の飾り切り一覧

■≫「レモンの飾り切り一覧

■≫「すだちの飾り切り一覧

■≫「飾り切り手順とコツ、番外編

野菜の飾り切りとコツ一覧

次の切り方を見る⇒飾り切りのコツ一覧

【参考】

■≫「料理を作るときの調味料割合一覧

■≫「煮物の配合と割合、煮汁50音一覧

≫「むきもの道具、名称一覧

注、包丁には十分注意して手をけがしないように仕上げてください。

■ 四季の食材につきましては⇒「旬の食材、季節別一覧表」に掲載しておりますのでお役立てください。

次回は違う飾り切りでお目にかかりたいと思います。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク