炊き合わせ(たきあわせ)の意味【和食の料理用語、豆知識集】

スポンサーリンク



【日本料理の献立】

炊き合わせ、焚き合わせ「たきあわせ」

和食の料理用語集

炊き合わせ「たきあわせ」とは

煮物のひとつで、2種類以上の煮物を同じ器に盛り合わせた料理のことをいい「焚き合わせ」とも書きます。

■「炊いて合わせる」⇒「炊き合わせ」

そして、材料それぞれの持ち味をいかすために別々の鍋で煮ることが多いですが、相性の良い食材は一緒に煮る場合もあります。

また、炊き合わせは関西で多く使われる献立名で、薄味に仕立てることが多いですが、関東では「煮合わせ」といって、味を若干濃いめにする場合があります。

※ 盛り合わせる材料は色、形、香り、食感などのかたさを考慮して選んでください。

【関連記事】

会席料理と懐石料理

2つのかいせき料理の相違点とは!

茶懐石料理とは!

茶懐石料理の由来、献立の名称と順番

和食の献立「それぞれの意味と特徴」

献立名の意味一覧⇒【先付け~甘味】

⇒「和食の名称、献立用語集

向付け【刺身の手法】切り方の一覧

煮物の名称、語源、由来、豆知識一覧

焼き物、和食の串打ち手法と意味一覧

揚げ物名称、語源、由来、豆知識一覧

≫「料理の雑学一覧」へ

【あ段~わ段】

」 「」 「」 「」 「

」 「」 「」 「」 「

和食調理にお役立てください。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク