南蛮漬けの作り方と合わせ酢の割合,和食の酢の物【基本方法】

 


南蛮漬け(なんばんづけ)の作り方手順

今回は南蛮漬けの作り方をご紹介したいと思いますので、酢の物や前菜の猪口など、和食調理にお役立てください。

和食の酢の物、南蛮漬け

南蛮酢の割合

【合わせ調味料】

だし
薄口醤油
みりん
砂糖 0.5
たかの爪 適量
追いがつお 適量

■ だし昆布を加えることもあります。

また、他の合わせ酢につきましては⇒「なんばん漬けのあわせ酢3つ」に掲載しております。

南蛮漬けの作り方

■ 今回はあじを使いますが、他の魚も同じ方法で作れます。

(食材)

あじ、玉ねぎ、人参、レモン、青唐、わかめ

【1】あじを水洗いしてから、ぜいごをすき引きして3枚におろし、腹骨と小骨を取りのぞいてください。

ぜいごとは、尾のつけ根から中骨にそってついているトゲに似たうろこのことで「ぜんご」ともいいます。

【2】次に、身の表裏に薄塩をあてて、30分~1時間そのままの状態で余分な水分を取りのぞき、玉ねぎと人参を細く切ってください。

【3】そして、身の全体に小麦粉、または片栗粉をまぶして油で揚げてください。

【4】このあと、分量の酢をひと煮立ちさせて、あじと細切り野菜を入れた保存容器に注ぐと「南蛮漬け」の完成です。

あじなんばん漬け,鯵の南蛮IMG_4824

■ このまま、酢が冷めるまで味をなじませてください。

「盛りつけ例」

レモン釜,あじなんばん漬けIMG_4827

【関連】

酢の物あわせ酢、割合一覧

レモン釜の作り方手順はこちら

【参考】

≫「レモンの飾り切り、切り方一覧

野菜の切り方、飾り切り一覧

≫「酢の物に役立つ飾り切りとコツ一覧

和食の配合、調味料の割合

次回も料理作りにお役立ていただければ幸いです。

最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。