ふきの葉ご飯の材料と調味料割合【ふき1束分】和食の配合手帳

【ふきの葉ご飯の調味料割合】

今回は、ふきの葉を下ゆでして細かく切ったあと、かつお節やじゃこと煮るときの煮汁割合をご紹介したいと思いますので、まぜご飯や漬物がわりの参考にされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

和食の煮汁割合集

ふきの葉ご飯の材料と割合

【調味料の割合と材料】

(ふきの葉1束分、ちりめんじゃこ適量)

100㏄
濃口醤油 60㏄
みりん 30㏄
砂糖 大さじ2杯
いりごま 小さじ2杯
炒めるときのサラダ油 少量
仕上げのごま油 少量

※ 割合は、ご飯用ですので、小鉢料理や他の料理にあしらう場合は、葉の量を増やして味を薄めてください。

「作るときのコツ」

■ ふきの葉は下ゆでしてから約5分間、水にさらして、苦みをやわらげてから煮てください。

そして、かつお節の旨味を加える場合は、仕上げのごま油と一緒に「粉がつお」を入れてください。

ふきの葉の下処理方法

【食材の下処理方法とコツ】今回は、繊維のかたい「ふきの葉」を無駄なく利用する下ごしらえをご紹介したいと思いますので、小鉢や料理のあしらい、そして混ぜご飯の参考にされてはいかがでしょうか。
手順を見る

ふきの葉は繊維が強くて、かたいですから、年配の方や子供さんがおられる場合は、ふりかけ程度のみじん切りにすると食べやすくなります。

【春の料理関連】

春の献立【筍寿司】の作り方手順

【筍寿司(たけのこずし)】今回は、筍を桜型に切り抜いて春を演出する「寿司の作り方」をご紹介したいと思いますので、ご飯物の献立やお凌ぎの参考にされてはいかがでしょうか。

春の食材【ふきの板ずり手順】

春の煮物【ふきの下ゆで方法】

ふきを煮るときの【煮汁割合】

筍の下ゆで方法とアク抜きのコツ

生の筍の煮汁【だしと調味料の割合】

春の料理に使える飾り切り

【春の飾り切り方法とコツ一覧】今回は本サイトの「飾り切り」から春に使える切り方やコツをまとめましたので、季節の演出や和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。
記事を見る

桜関連の記事一覧

【桜(さくら)】今回は春の料理に使える「桜」に関連した内容を集めましたので、盛りつけ演出や和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。
記事を見る

春の料理関連を見る

他の割合につきましては≫「和食の調味料割合と配合一覧」に掲載しておりますのでお役立てください。

次回は違うメニューでお目にかかりたいと思います。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報