髪文字、髢(かもじ)とは【和食の料理用語集】

 
■ 当サイトをご覧の方々並びに全国の皆様におかれましては、お身体に十分注意していただきたく存じます。
 

【料理の雑学、豆知識】

髪文字、髢(かもじ)の意味

和食の料理用語集

かもじとは

「髪」を表す女房詞で、材料を髪のように切った場合に使います。

(代表的な例)

かもじねぎ、かもじのり

髪文字蕗、髢蕗(かもじふき)とは、細長く切ったふきのことです。かもじとは「髪」を表す女房詞で、材料を髪のように切った場合に用います。そして、細長く切ったのりは「かもじのり」といい、切りのりと同じような使い方をします。

女房詞(にょうぼうことば)とは

昔、宮中の女官や貴族の侍女(じじょ)を「女房」と呼んでいたことから、女官達が使っていた言葉を女房詞といいます。

■ 侍女(じじょ)とは、主人の身の回りの世話をする女性のことです。

また、髪に加える「入れ髪」も髢(かもじ)と呼んでおり、他の例では酒のことを「くこん」といいます。

【関連】

野菜の飾り切り、手順とコツ一覧

覚えておきたい飾り切り方法とコツ一覧【野菜の飾り切りと細工料理293+30種まとめ】料理によく使う野菜の切り方や簡単な飾り切り方法、細工切り等を集めましたので季節演出や盛りつけ飾りの参考にされてはいかがでしょうか。飾り切りと料理作りに必要な切り方※包丁には十分注意してケガをしないように仕上げてください。

料理の雑学一覧へ

日本料理の献立、それぞれの意味一覧

献立用語集一覧へ

献立別、料理用語一覧を見る

【あ段~わ段】

【あ】 【か】 【さ】 【た】 【な】

【は】 【ま】 【や】 【ら】 【わ】

料理用語集 50音検索一覧

今回は、かもじの意味をご紹介いたしました。

料理の割合につきましては≫「和食の調味料割合と配合一覧」に掲載しておりますのでお役立てください。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。