きゅうりのわさび台を作る手順【詳しい切り方とコツ】刺身の飾り切り,日本料理のむきもの

 


きゅうりの飾り切り~わさび台

料理店の会席料理のお刺身や姿造りで見かけることが多い「きゅうりのわさび台」

今回は、このきゅうりを使ったわさび台の切り方とコツをご紹介したいと思いますので、和食調理や盛りつけ飾りにお役立てください。

胡瓜の飾り切り~わさび台の切り方手順とコツ

胡瓜のわさび台

写真のような胡瓜の飾り切りは他にもいろいろあり、添えてあるだけで料理の見栄えを良くしてくれます。

また、この飾り切りは基本のわさび台として教科書や料理の参考書にもよく出てきますので是非覚えてください。

そして、お刺身を出されるときに、わさびが胡瓜の台にのっている上品で料理店らしい雰囲気を演出してみてください。

胡瓜のわさび台の切り方~基本手順とコツ

「切り方」

【1】

まずは、胡瓜を水洗いして水分をふき取ってください。

IMG_0535

【2】

次に、太いほうの端を少し切り落とします。

IMG_0537

【3】

そして、切り落とした太い方を、全部で4面になるように手前を少しすぼまして薄く切り取ってください。

胡瓜

↓↓↓

胡瓜

【4】

今度は、包丁の先を使って、この4面と同じ幅で中心に向かって、刃先が突き抜けないように切り込みを入れてください。

胡瓜

【5】

この切り込みを、胡瓜の4面全部に入れて切り離すと下の写真のようになります。

(写真上部の胡瓜は、起こして立てたわさび台です)

↓↓↓

胡瓜のわさび台

■これで、最初のわさび台が完成です。

次のわさび台を作る方法

そして、次のわさび台も同じように、胡瓜の4面全部に切り込みを入れて切り離していきます。

このとき、切り離した部分がとがっていますから、胡瓜が立つよう包丁で平らに切り取ってください。

写真の2つの胡瓜が切り取る前と切り取った後です。

↓↓↓

胡瓜

切り取った方の胡瓜を立てると下の写真のようになります。

↓↓↓

わさび台胡瓜

この手順で胡瓜の細い方まで切り進めると、1本で15~20個のわさび台が作れます。

注:細いほうは種が多くなり、包丁が中に入りやすく、けがをする危険性がありますので力を入れ過ぎないように注意してください。

今回は簡単に作るために分かりやすく正方形の4面にいたしましたが、4面を5面に切り取ると花弁が5枚になって「ききょう胡瓜」という名のわさび台になります。

こちらの「ききょう胡瓜」は5角形のバランスを等分にするときれいに作れます。

【ききょうの飾り切り関連記事」

⇒「ききょう人参の切り方手順

ききょう人参

■ 今回のわさび台でポイントになるのは、包丁で切り込みを入れて胡瓜を切り離す工程で、少しやりにくいと思いますが参考にしてください。

また、 胡瓜を使った他の飾り切りにつきましては「胡瓜の飾り切り一覧」に掲載しております。

注:包丁には十分注意して手をけがしないように仕上げてください。

【他のわさび台】

水玉胡瓜【わさび台を作る手順とコツ】

胡瓜わさび台

「野菜の飾り切り 関連」

むきもの道具の名称一覧

IMG_1967

刺身の盛りつけに役立つ飾り切り手順

煮物や炊き合わせに役立つ飾り切り一覧

野菜の飾り切り方法【日本料理むきもの】

「食材別~飾り切り手順」

人参  ○大根  ○胡瓜  ○冬瓜

南瓜  ○蓮根  ○笹葉  ○番外

料理の盛りつけ、飾りつけにお役立ていただければ幸いです。

次の切り方を見る⇒飾り切りのコツ一覧

次回は違う飾り切りでお目にかかりたいと思います。

最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。