鶏むね肉の蒸し焼きの作り方手順【加熱時間と酒の分量】

鶏の蒸し焼き手順

今回は鶏のむね肉を蒸し焼きにする方法をご紹介したいと思いますので、会席料理の献立や和風サラダ等の参考にされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

鶏のむね肉1枚をそのまま柔らかく蒸し焼きにする方法【簡単手順と酒の分量】

鶏肉の下処理

【1】最初に、鶏のむね肉全体にうす塩をまぶして約30分間おいてください。

■ うす塩は下味をつける程度の量で大丈夫です。

表面に焼き色をつける工程

【2】次に、熱したフライパンにサラダ油をうすく引き、中火で全体に焼き色をつけてください。

鶏むね肉を柔らかく仕上げる方法,鶏の蒸し焼き煮の作り方,表面全体を焼く工程

酒を加えて蒸し焼きにする工程

【3】鶏肉に焼き色がついたところで酒50㏄を加え、中火のまま蓋をしてください。

鶏むね肉を柔らかく仕上げる方法,鶏の蒸し焼き煮の作り方,酒を加える工程

↓↓↓

鶏むね肉を柔らかく仕上げる方法,鶏の蒸し焼き煮の作り方,酒を加えて蓋をかぶせる工程

【4】そして、5分間蒸し焼きにして火を止め、蓋をかぶせたまま自然に冷ますと完成です。

鶏むね肉を柔らかく仕上げる方法,鶏の蒸し焼き煮の作り方の仕上げ

■ このあと、うすく切り分けてサラダや前菜、洋皿、かわり鉢などに使用してください。

また、蒸し焼きに使用した酒をキッチンペーパーでこすと、鶏の旨味と塩味のついた汁をソースやタレに利用できますので参考にされてはいかがでしょうか。

鶏の蒸し焼き煮の作り方,煮汁をこす工程

今回は、250gの鶏むね肉を使用いたしましたが、極端に大きい場合は火が通らない場合がありますので、大きさに合わせて加熱時間を調節してください。

【調理例】

【関連】

鶏むね肉に下味をつけて昆布だしで

塊(かたまり)のまま柔らかくゆでる方法

親子丼を美味しくするための

【簡単な下ごしらえ方法と割合】

鶏肉を柏(かしわ)と呼ぶ理由

和食のだし取り方法【鶏がらスープの作り方2つ】今回は鶏がらだしの作り方から「澄んだスープ」と、白くにごらせた「白炊き用だし」の取り方をご紹介したいと思いますので、吸い物の献立や煮物調理の参考にされてはいかがでしょうか。

鶏の治部煮(じぶに)の作り方

今回は焼いた鶏肉とゆでた大根を使った鍋物をご紹介したいと思いますので、冬の献立や会席料理など、和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。煮物がわりにも使える【鶏肉と大根の小鍋仕立て】

手羽先の揚げ煮の作り方と煮汁割合

【参考】

肉料理の関連一覧

焼き物レシピ関連一覧

蒸し物レシピ関連一覧

野菜の飾り切り方法100選を見る

今回は鶏の蒸し焼きをご紹介いたしました。

他のレシピにつきましては≫「本サイトの料理内容一覧」に掲載しておりますのでお役立ていただければ幸いです。

次回は違うメニューでお目にかかりたいと思います。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク