鶏胸肉に下味をつけて昆布だしで塊のまま柔らかくゆでる方法

 
■ 当サイトをご覧の方々並びに全国の皆様におかれましては、お身体に十分注意していただきたく存じます。
 

鶏胸肉のゆで方

今回は皮を取り除いた鶏胸肉に塩で下味をつけ、かたまりのまま昆布だしで火を通す方法をご紹介したいと思いますので料理作りにお役立てください。

肉料理の下処理方法【鶏胸肉のゆで方と500グラムに対しての調味料割合】

材料の分量と割合
鶏の胸肉 500g
下味に使用する塩 小さじ2杯
鶏をゆでるときに使う水 1000㏄
ゆでるときに加える酒 大さじ2杯
旨味を加える為のだし昆布 8㎝角1枚

塩で下味をつける工程

【1】最初に、胸肉500グラムに対して小さじ2杯の塩を全体にまぶしつけ、そのまま一晩おいてください。

鶏のむね肉に下味をつける工程

昆布だしで火を通す工程

【2】次に、水1000㏄に対して8㎝角の昆布を入れ、中火ていどの火加減で約10分間、旨味を出してください。

昆布だしの取り方手順

【3】このあと、昆布を取り出して大さじ2杯の酒を加え、強火でひと煮立ちさせたところに胸肉を入れてください。

昆布だしの取り方,昆布を引き上げる工程

↓↓↓

鶏むね肉のゆで方手順

【4】最後に、温度を上げながらアクを取り除いて素早く火を止め、蓋をして常温まで冷ますと下ゆで完了です。

鶏むね肉のゆで方,あくを取る工程

↓↓↓

鶏むね肉のゆで方,蓋をして火を通す工程

胸肉を昆布だしにいれてアクを取った状態では火が完全に通っていませんが、冷ます段階で中まで入ります。

↓↓↓

鶏むね肉のゆで方

■ 鶏の胸肉は火を通すとパサパサとしてかたくなりがちですが、ゆでて冷ました状態のものは「ハム」のように仕上がり、汁の実や麺料理の具、サラダ仕立て等にも使えます。

また、うすく切る場合は一旦冷蔵庫でひやすと作業がしやすくなり、再度温めると肉の繊維が柔らかくなります。

ゆで汁の利用方法

鶏むね肉のゆで汁,鶏肉だし

胸肉をゆでた汁には鶏の旨味が出ていますので、ネル生地やキッチンペーパーでこすと温かい麺料理や吸い物、汁物のだし、つけだれ、ソースの下地などに使えます。

【鶏むね肉の青ねぎソースがけ】

鶏むね肉のゆで汁の使い方2つ

【食材を無駄なく活用する方法】

■ 客単価の高い料理店では、ゆで汁は使いづらいかもしれませんが、鶏肉の椀だねや笹身の葛たたきの下煮、まかない料理等にも利用できますので、捨てずに若い衆の勉強等に使用されてはいかがでしょうか。

【YouTube動画】
【鶏皮をかりかりにする基本方法】冷凍庫に眠っている鶏の皮でビールのおつまみを作りましょう!

【関連】

食材の下処理方法、関連記事一覧

今回は肉類に関連した料理内容を集めましたので、和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。肉類を使ったレシピ一覧【牛肉、豚肉、鶏肉、鴨肉】肉類の煮物に関連した料理内容一覧【まとめ】

鶏肉に関連した料理内容

たき合わせに使用する焼き目鶏の

煮物の作り方【12:1:1の割合】

今回は鶏の骨付き肉(手羽先や手羽元)の蒸し煮をご紹介したいと思います。【簡単な調理手順】今回のレシピは鶏肉を煮汁に入れて蒸すと箸でほぐれるやわらかさに仕上がりますので煮物の献立、小鍋仕立て、煮こごり、洋皿などの参考にされてはいかがでしょうか。

鶏がらスープの作り方3つ

吸い物用の鶏だしの取り方,澄ましたとりスープの作り方

鶏むね肉の蒸し焼きの作り方手順

鶏もも肉の山しょう焼き

【作り方とつけだれ割合】

鶏大根鍋の作り方と煮汁の調味料割合

鶏大根鍋の作り方と盛り付け

鶏の手羽先を使った

【すっぽん煮の作り方手順】

手羽先のすっぽん煮

蒸し鶏と白菜のごまだれの作り方手順

蒸し鶏とゆで野菜のごまだれ,冬の献立

鶏肉を柏(かしわ)と呼ぶ理由とは

親子丼を美味しくする

【簡単な下ごしらえ方法と割合】

鶏肉と卵の親子鍋仕立て

鶏の治部煮(じぶに)の作り方

地鶏の吉野煮と子芋のたき合わせ,鶏肉の治部煮の作り方

鶏肉と大根の煮物レシピ

焼いた鶏肉と大根のたき合わせ,冬の煮物の献立

鶏肉の煮物レシピ

【手羽先の揚げ煮の作り方と煮汁割合】

ごぼうと鶏肉の炒め煮の作り方

【金平ごぼうの応用編】

鶏肉を使った吉野煮の作り方

かぶの鶏そぼろ煮の作り方と割合

鶏がらスープの旨味を加えた

【椀物用】吸い物だしの作り方

【参考】

食材別レシピの関連記事まとめ

季節別、旬の食材一覧

今回は鶏胸肉のゆで方をご紹介いたしました。

他のレシピにつきましては≫「本サイトの料理内容一覧」に掲載しておりますのでお役立ていただければ幸いです。

次回は違うメニューでお目にかかりたいと思います。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。