海ぶどうの使い方と注意点【下処理方法と盛りつけ使用例】

【沖縄特産の海藻】

海ぶどう(クビレズタ)

海ぶどう

今回は、海ぶどうの使い方と注意点をご紹介したいと思いますので、夏の献立作成や先付け、酢の物などの参考にされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

食材の下処理方法

海ぶどうの使い方

海ぶどうは塩分を少し含んだ状態で販売されていますので、使用する分量だけを盛りつけの直前にさっと水洗いしてください。

海ぶどう

↓↓↓

海ぶどうの水洗い

使用時の注意点

① 冷蔵庫には入れない

海ぶどうを冷蔵庫に入れると粒がしぼんでプチプチとした食感がなくなりますので、購入時の状態のまま常温保存してください。

② 合わせ調味料に浸して下味をつけない

こちらも①と同じように粒が小さくなり、食感が悪くなりますので気をつけてください。

【海ぶどうの使用例】

先付け、酢の物、小鉢など

「酢味噌掛け」

たこと車海老のからし酢味噌,海ぶどう,青ねぎ,枝豆

「玉子豆腐」

夏の先付けの献立,玉子豆腐,車海老,海ぶどう

「加減酢」

たこと海ぶどうの加減酢,青ねぎ,ミニトマト,南瓜,夏の酢の物の献立

「しょうが酢」

夏の酢の物盛り合わせ,たちうおの鳴門焼きと車海老,海ぶどうなど

【関連】

玉味噌の作り方と割合

万能合わせ酢、土佐酢の作り方と割合

椀盛り

「吸い物の具」

■ 椀物に使用する場合は、水洗いした海ぶどうを吸い物だしにさっと通して温め、汁に浸からないように盛りつけてください。

【参考】

夏の献立一覧

夏の食材50音順一覧表

夏の料理関連一覧を見る

【夏の飾り切り方法とコツ一覧】今回は本サイトの「飾り切り」から夏に使える切り方手順やコツをまとめましたので、季節の演出や和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。

食材の下処理方法一覧

椀物レシピの関連一覧へ

酢の物レシピの関連一覧へ

今回は、海ぶどうの使い方をご紹介いたしました。

他のレシピにつきましては≫「本サイトの料理内容一覧」に掲載しておりますので、お役立ていただければ幸いです。

次回は違うメニューでお目にかかりたいと思います。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク